イトトンボ・最後の1枚

 最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。
背中の筋模様も光沢を帯びてきて、数分前までの画面はなんだったんだよ・・
てな感じに思えるほど劇的に変化した。
最後の最後とはホントに最後の1枚ということで、ポジの外枠に記されている
通しナンバーは「36」ではなく「E」(end)ということ。
・・・なんて書いてしまったが、そんなことは見ている側にとっては
どうでも良いことで「だからどうしたの」状態だろう。
 その通りだが、撮る側にしてみれば、おしっこを我慢していたこと、
長らくヘンテコな格好していたがために首筋が痛むこと、立ち上がった際に
腰がギクッとなって帰りの車の運転がとんでもなく大変だったこと・・
など1枚の写真の中に思い出がたくさん詰まっているんだな。
 写真の腕が伸びない原因の一つは、そんな自負心みたいなものが邪魔をして
客観的に物事を見たり、考えたりすることができなくなってしまうことであるが、
悲しいことに、その軌道修正がなかなか出来ないオイラがここにいる。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  福島潟(7/18撮影)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

抜け殻はエイリアン

キチョウ

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  3. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  4. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  5. あかね雲たなびく福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF…

  6. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  7. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. 最後の1枚。昔フィルムを使っていたころを思い出しました・・・遠い目。
    それでも、先日インターバル撮影でほったらかしにしてあったカメラがメモリーカード一杯になって
    止まっていました。撮影枚数は1000枚を超えていた(@_@)

    • とみとみ
    • 2016年 7月 24日

     「E」マーク部分でしたので端が少しカールしてました。
    スリーブからハサミで切り出し、マウントしたらちょっとは良くなった。
     ところで、1,000枚とは・・気の遠くなる枚数ですね。でも、消去したら、
    そのメモリーカードは使えるんでしょ。

  2. こんばんは。消去して何度でも使います。限界はあるようですけど・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。