これってモノサシトンボ?


阿賀町・たきがしら湿原

黒地に黄色でひょろ長く、胴に目盛りが付いている。

モノサシトンボと結論つけたが、半分疑ってかかっている。

蝶やトンボはほとんど昨年から撮りだしたばかりだから知識がない。

子供の頃に見た記憶はあるが写真に収めるなんて初めてだし。

山の斜面、草ぼうぼうの中にとまっていた。

よく見つけたもんだと自分を褒めたいところだが、近くに湿地があるのに、なんでこんな乾いた場所にいるんだという疑問が沸いてくる。

写真の1カットで逃げられたが、目で追っていくと、山の縁沿いを適当に飛び回っている感じ。

30年ほど前の2分の1等倍までしか寄れないレンズであるが意識して明るめに撮ってみたら、予想した光周りになってくれた。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  6月19日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヒオドシチョウ・何でだろ~

雨に光るホトケノザ

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  5. 悪い癖

    陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. チューリップ畑-2

    相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。春の気配なんて風雪で…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれ…

コメント

  1. モノサシトンボ♂でいいと思います。よく似たオオモノサシトンボは限定された地域にのみに生息し
    もっと黒っぽい感じですので。

      • とみとみ
      • 2016年 7月 02日 9:50pm

      ありがとうございます。
      でかくて、黒地に黄色なので半信半疑でした。
      助かりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。