これってモノサシトンボ?

阿賀町・たきがしら湿原
 黒地に黄色でひょろ長く、胴に目盛りが付いている。
モノサシトンボと結論つけたが、半分疑ってかかっている。
蝶やトンボはほとんど昨年から撮りだしたばかりだから知識がない。
子供の頃に見た記憶はあるが写真に収めるなんて初めてだし。
 山の斜面、草ぼうぼうの中にとまっていた。
よく見つけたもんだと自分を褒めたいところだが、近くに湿地があるのに、
なんでこんな乾いた場所にいるんだという疑問が沸いてくる。
写真の1カットで逃げられたが、目で追っていくと、山の縁沿いを
適当に飛び回っている感じ。
 30年ほど前の2分の1等倍までしか寄れないレンズであるが
意識して明るめに撮ってみたら、予想した光周りになってくれた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  6月19日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヒオドシチョウ・何でだろ~

雨に光るホトケノザ

関連記事

  1. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  2. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  3. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

  4. “葉っぱのコシカケ”

    どう見たって、こりゃぁ、“葉っぱのコシカケ”でしょう。形のい…

  5. 姫猩猩

    葉を広げた直径で約100㎜、花の大きさは10㎜あるかないかだろう。昨年花を…

  6. 土筆とバッタ

    2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢 民家の裏山、四方が小高い丘に…

  7. 稲穂とノビタキ

    過去写真 初掲載 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます…

  8. 影絵

     上空に夕闇が迫る頃、サギがねぐらに戻ってきた。岸辺のハンノキの枝先にポツン…

コメント

  1. モノサシトンボ♂でいいと思います。よく似たオオモノサシトンボは限定された地域にのみに生息し
    もっと黒っぽい感じですので。

      • とみとみ
      • 2016年 7月 02日

      ありがとうございます。
      でかくて、黒地に黄色なので半信半疑でした。
      助かりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。