交尾中のヒメシジミ

阿賀町・たきがしら湿原

写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶発的な出会いが多々ある。

その瞬間は往々にして、一通り撮影し終え一息ついた時、帰り支度を始めた時、撮影を中止し他のことをやり始めた時なんかで、不意を突かれて慌てふためいてしまう。

その方は“あの予想外の出来事”を「法則」と表現していたが、僕もその通りと感じる。

あれは神様のイタズラみたいなもんでもある。

偶然にしてはあまりにも出来すぎていて、不思議なくらいだ。

よその人に説明すると「うっそ~」と言われるが、言われて当然と心得ている。

撮影者自身が不思議体験と思っているのだから。

写真はヒメちゃんの交尾シーン。

木道に座り込んで、カメラ機材を虫干しし、ついでに履いていた靴も脱いで、木質の温もりを足裏で感じつつ、視線を前に向けたらこのありさま。

つい、先ほどまで“そこで”撮影していたのに・・何でかな?

どうして気づかなかった・・と思うよりなんで、そこにいるの? 

どこから現れたの?・・が、理にかなう。

覗き見しているようで、1枚だけ撮影。静かにひきさがりました。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  2016年6月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

姫は眠ったまま

ヒオドシチョウ・何でだろ~

関連記事

  1. ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

    クソ暑い日が続き、些細なことにまでイライラしていたが、こうも続くとそ…

  2. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  3. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  4. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  5. 赤と白の長靴

    RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3…

  6. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  7. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきって…

  8. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。