交尾中のヒメシジミ

阿賀町・たきがしら湿原

写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶発的な出会いが多々ある。

その瞬間は往々にして、一通り撮影し終え一息ついた時、帰り支度を始めた時、撮影を中止し他のことをやり始めた時なんかで、不意を突かれて慌てふためいてしまう。

その方は“あの予想外の出来事”を「法則」と表現していたが、僕もその通りと感じる。

あれは神様のイタズラみたいなもんでもある。

偶然にしてはあまりにも出来すぎていて、不思議なくらいだ。

よその人に説明すると「うっそ~」と言われるが、言われて当然と心得ている。

撮影者自身が不思議体験と思っているのだから。

写真はヒメちゃんの交尾シーン。

木道に座り込んで、カメラ機材を虫干しし、ついでに履いていた靴も脱いで、木質の温もりを足裏で感じつつ、視線を前に向けたらこのありさま。

つい、先ほどまで“そこで”撮影していたのに・・何でかな?

どうして気づかなかった・・と思うよりなんで、そこにいるの? 

どこから現れたの?・・が、理にかなう。

覗き見しているようで、1枚だけ撮影。静かにひきさがりました。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  2016年6月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

姫は眠ったまま

ヒオドシチョウ・何でだろ~

関連記事

  1. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  2. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  3. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  4. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  5. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ…

  6. 珊瑚色の猩々袴

     灰桜の猩々袴は新発田市滝沢の出入り口付近で撮影した。今回の写真は、”灰桜”…

  7. 冬枯れにヒヨドリ

    葉がすっかり散り落ちて、見るからに寒そうなハゼの木にヒヨドリがやってきた。…

  8. 青い背中

     スズメやムクドリには申し訳ないがカワセミはやはりキレイ。初めてこいつを覧た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。