交尾中のヒメシジミ

阿賀町・たきがしら湿原

写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶発的な出会いが多々ある。

その瞬間は往々にして、一通り撮影し終え一息ついた時、帰り支度を始めた時、撮影を中止し他のことをやり始めた時なんかで、不意を突かれて慌てふためいてしまう。

その方は“あの予想外の出来事”を「法則」と表現していたが、僕もその通りと感じる。

あれは神様のイタズラみたいなもんでもある。

偶然にしてはあまりにも出来すぎていて、不思議なくらいだ。

よその人に説明すると「うっそ~」と言われるが、言われて当然と心得ている。

撮影者自身が不思議体験と思っているのだから。

写真はヒメちゃんの交尾シーン。

木道に座り込んで、カメラ機材を虫干しし、ついでに履いていた靴も脱いで、木質の温もりを足裏で感じつつ、視線を前に向けたらこのありさま。

つい、先ほどまで“そこで”撮影していたのに・・何でかな?

どうして気づかなかった・・と思うよりなんで、そこにいるの? 

どこから現れたの?・・が、理にかなう。

覗き見しているようで、1枚だけ撮影。静かにひきさがりました。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  2016年6月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

姫は眠ったまま

ヒオドシチョウ・何でだろ~

関連記事

  1. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  2. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  3. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  4. タマゴな水芭蕉

    撮影の実際汚れがない。清楚でドキッ。若さにクラッ。アンタみたいな心に…

  5. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  6. 花園ヨシゴイ

     藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。ちょう…

  7. 松前丸・左側面の青

    RVP100 cosina voigtlander ultron40f2sl…

  8. RICOH GRⅢx 接写モードで虫・むしを撮る…

    RICOH・GRⅢxお気に入りの撮影ポイントでポチった図。オラが虫を撮る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。