清まし顔の黄花かな

 鳥屋野潟公園「流れ」の小径沿いですね。
この公園は散歩にジョギングにバードウォッチングにと
市民の憩いの場としてすっかり定着しました。
郊外でもなく、どちらかと言えば街中の都市公園風で
ふら~と出掛けてしまいたくなる存在です。
 散歩コースの中に人工的に「流れ」を演出してはありますが
これはどう見ても自然の流れそのものに映ります。
 川底を覗き込んでみました。
丸い石の苔むした表面に何やら動くものがへばりついてます。
ソフトクリームを小指の先ほどに縮小した茶色い生き物。
タニシの仲間でしょうか。
川面が陽の光を反射してキラキラと眩しく長くは観てられません。
しばらく目を休ませてもう一度覗き込もうとしたときに
この黄花が目にとまりました。
何処でもあるような黄花でしたが、それなりに清ました姿です。
 「タニシも良いけど、オイラも撮ってくれよ~」
そう言いたげな顔つきに、思わずシャッターを押しちゃった。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5
 5月15日昼前に撮影   鳥屋野潟公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥達の声、響き渡る福島潟

ひとりの時間

関連記事

  1. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  2. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  3. 夜明け終いの頃

    26日の夜明けの始まりは風もなく湖面が染まる雲を映し出していましたが…

  4. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  5. パッチワーク

    「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場…

  6. 冬の青空

    写真は大雪が去った翌13日の午前中、鳥屋野潟公園で撮影した。手前のケヤキを…

  7. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  8. ロウバイ

     横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか園内は私の他、誰一人いません。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。