かたつむり・・久しぶり

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5

山道を歩きだして、間もなくかたつむりを二つ見つけた。

いずれもイタドリの茎にへばりついていてピクリとも動かない。

生きている、死んでいるは別として、久しぶりに立派なかたつむりに出会えて少々興奮してしまった。

かたつむりを最後に見たのはどれくらい前のことか。

思い出そうにも、思い出せないくらい遠い昔のような気がする。

「でんでんむし」と呼んでいた頃のような気もするし・・・。

かたつむりは「生きている」と確信して撮影してみた。

イタドリがこんな大きなかたつむりを背負ってズンズンと生長していたとも思えない。

茎を登ってきて、気候か何かが作用してそのままじっとしたとか、乾燥してきたためとか、いろいろと有ること無いことを考えては
否が応でも「生きている」と結論づける道筋を立てた。

近づいて手に触れたわけではないけど、見た目は「生きている」

てなことで背景がスッキリしているかたつむりを選んでみた。

最初はアップで狙っていたが、あんまり季節感が沸いてこないし、面白くもなんともないので、徐々に引いて、他の茎を入れて
葉っぱも入れて・・・いちばん引いた写真がご覧のものになった。

5月5日撮影  胎内市森林公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

マムシソウ

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  3. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。