かたつむり・・久しぶり

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5

山道を歩きだして、間もなくかたつむりを二つ見つけた。

いずれもイタドリの茎にへばりついていてピクリとも動かない。

生きている、死んでいるは別として、久しぶりに立派なかたつむりに出会えて少々興奮してしまった。

かたつむりを最後に見たのはどれくらい前のことか。

思い出そうにも、思い出せないくらい遠い昔のような気がする。

「でんでんむし」と呼んでいた頃のような気もするし・・・。

かたつむりは「生きている」と確信して撮影してみた。

イタドリがこんな大きなかたつむりを背負ってズンズンと生長していたとも思えない。

茎を登ってきて、気候か何かが作用してそのままじっとしたとか、乾燥してきたためとか、いろいろと有ること無いことを考えては
否が応でも「生きている」と結論づける道筋を立てた。

近づいて手に触れたわけではないけど、見た目は「生きている」

てなことで背景がスッキリしているかたつむりを選んでみた。

最初はアップで狙っていたが、あんまり季節感が沸いてこないし、面白くもなんともないので、徐々に引いて、他の茎を入れて
葉っぱも入れて・・・いちばん引いた写真がご覧のものになった。

5月5日撮影  胎内市森林公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

マムシソウ

関連記事

  1. 春色バカマ

    里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。毎年同じポイントで…

  2. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. 寄り添う土筆

    2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝…

  5. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  6. これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

    最初に見た時、ミドリヒョウモンの♂(左)とイチモンジチョウ♂、男同士しかも異…

  7. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

  8. すぐそこにある春

    写真は3月25日午前10時頃、関川村・鷹巣で撮影したもの。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。