高貴なカキドオシ・小さな虫にコテンパンにやられた・痒い!


2016年4月下旬撮影

漢字にすると『垣通し』。

垣根を越えて侵入してくるほど繁殖力がすさまじいのだろう。

どちらかと言えば、少々痛めつけられても、身につけた生命力で這い上がってはDNAを拡散し続けている『雑草』とみてしまう。

ところが薬にもなるらしい(なっていたらしい・・か)。

咳止めの薬か熱冷ましの薬かは知らないが、科学的な根拠があるのだろう。

薬草の部類かも知れないが、そこかしこで見られる以上、カキドオシは平凡な存在。けれども西陽を浴びた姿をじっくり覧ていたら、愛おしくなってきて撮らずにはいられなくなった。

おそらくは私以外の目に覗き込まれることもなく、やがては枯れて朽ち果て、土に還っていくはず。人知れず、その一生を終える前に、スポットライトの中で輝いてくれた一瞬を狙った。

影の部分が暗く沈んで、意とした雰囲気は出せたかも

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  滝沢にて

撮影時、ブヨに手足や額など、こてんぱんにやられてしまった。
その後、一週間ほど、風呂上がりにオロナインを塗っておりました。

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

朝焼と空き缶・2016年出勤前の朝焼け撮影が始まった

オイラも撮ってケロ!・ガサゴソ音の正体はカエルちゃんなのね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む