岩鏡

2016年4月22日撮影 新発田市・本田
 日本海側では『オオイワカガミ』が多く見られる・・と辞書には書いてある。
鋸葉が際立って、しかも大きいのが特徴とのことだがオイラにはさっぱりだ。
目にしているのがオオイワカガミなのか普通のイワカガミなのか全く分からない。
さらに生息環境に応じて『コイワカガミ』なるものもある。
 そんなことを頭の中で思いだしてはピント合わせしているものだから
“ピントの山”がつかめず、そのうち集中できなくなってきた。
 「名前なんか後でいいでしょう」それより「絵になる構図を考えましょう」
と自分に言い聞かせファインダーの中をよくよく見ていたら
花の真後ろに幹の黒い影、手前の葉の後ろに花、下部の白い丸印など
写したくないものが何故かよく見えてきて、今度はシャッターが押せない。
 等倍までは寄れず、ボケを多用したふんわり、やんわりアップ写真が
苦手であるなら、せめてその花が咲いている雰囲気でもと、パシャッ。
 イワカガミ・・漢字で書くと『岩鏡』。映像が一気に膨らみます。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寄り添う土筆

岩鏡・・はかない命かな

関連記事

  1. 紋のある白い蝶

    前回『身近な虫たちの華麗な生きかた』(ちくま文庫)をFacebook上で…

  2. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

  3. 日向で休むヤマキマダラヒカゲ

    キマダラヒカゲでも「ヤマ」と「サト」がある。「ウミ」、「カワ」は無い。「ヤ…

  4. 埠頭・新潟東港

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3…

  5. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている…

  6. 椿の ブチュ~

    場所は加茂市か三条市かもしれない保内公園。苔むした地面に映画…

  7. 人知れず咲く花の名は?

    2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰…

  8. 深山茜・未成熟個体

    未成熟個体ではあるが、7日から10日前に見た時より体色が濃くなってきた。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。