岩鏡

2016年4月22日撮影 新発田市・本田
 日本海側では『オオイワカガミ』が多く見られる・・と辞書には書いてある。
鋸葉が際立って、しかも大きいのが特徴とのことだがオイラにはさっぱりだ。
目にしているのがオオイワカガミなのか普通のイワカガミなのか全く分からない。
さらに生息環境に応じて『コイワカガミ』なるものもある。
 そんなことを頭の中で思いだしてはピント合わせしているものだから
“ピントの山”がつかめず、そのうち集中できなくなってきた。
 「名前なんか後でいいでしょう」それより「絵になる構図を考えましょう」
と自分に言い聞かせファインダーの中をよくよく見ていたら
花の真後ろに幹の黒い影、手前の葉の後ろに花、下部の白い丸印など
写したくないものが何故かよく見えてきて、今度はシャッターが押せない。
 等倍までは寄れず、ボケを多用したふんわり、やんわりアップ写真が
苦手であるなら、せめてその花が咲いている雰囲気でもと、パシャッ。
 イワカガミ・・漢字で書くと『岩鏡』。映像が一気に膨らみます。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寄り添う土筆

岩鏡・・はかない命かな

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. 水玉とキイトトンボ

    近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着…

  3. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気は急…

  4. 命尽きる トンボ

    オオヤマトンボでしょうか。どうなんでしょう?ハッチョウトンボ&#x2642…

  5. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  6. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  7. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  8. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。