白花

2016年4月12日午後撮影/関川村
 カタクリ、キクザキイチゲは既にその盛りを過ぎていました。
替わって陽の当たる草地ではスミレが、木陰ではエンレイソウが
咲き始めていて、また春が一歩、進んでしまった感じがします。
 撮り損ねた春花を思い浮かべ、未練がましく前回撮影した白花の
ポイントに来てみると、遠くからでも目に付くような白い点が・・・。
またしても白花。それもあらかた仲間のカタクリが姿を消しつつある中で
傍らの樹木の脇で人知れず風に揺らいでいます。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

萌える

土筆とバッタ

関連記事

  1. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  2. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  3. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  4. タマゴな水芭蕉

    撮影の実際汚れがない。清楚でドキッ。若さにクラッ。アンタみたいな心に…

  5. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  6. 花園ヨシゴイ

     藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。ちょう…

  7. 松前丸・左側面の青

    RVP100 cosina voigtlander ultron40f2sl…

  8. RICOH GRⅢx 接写モードで虫・むしを撮る…

    RICOH・GRⅢxお気に入りの撮影ポイントでポチった図。オラが虫を撮る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。