土筆とバッタ

2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢
 民家の裏山、四方が小高い丘に囲まれたここに陽が射してくるには
日の出後1時間半ほどはかかる。山影はひんやりとした空気が漂っていて
水芭蕉の咲く湿地へと流れ落ちる水の音が辺りの木々や山肌に染み入ります。
佇み、しばらく目を閉じ、そのリズミカルな音色に耳を傾けていると
自らの身体に溜まった毒素も次第に洗われ、清められていくようです。
 土筆を撮影してみました。
朝陽が辺りを照らし出す前に形が良く、生きの良い土筆を探していたわけですが、
その目のつけた土筆を構図に取り入れ、ピントを合わせていて「おや?」。
寄り添う土筆の間に小さなバッタがピッタリと張り付いています。
バッタの赤ちゃん?それとも、何だろう・・・。
 背景が出来るだけ抜けて、主題が浮かび上がる位置を見極めて、
陽があたり始めるまで「逃げないでくれよ~」と念じましたね。
 動かずに・・静かに・・そぉ~と・・パシャッ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白花

土筆と朝露

関連記事

  1. ナガハシスミレ

    花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。歳を重ねるにつれ、寄り…

  2. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  3. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  4. 蓮 夏の朝

     夏の瓢湖は蓮のピンクが緑の葉に映えて美しい。遠く蒼い五頭(ごず)連峰の真上…

  5. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

  6. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  7. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

  8. 命を紡ぐ大輪寺の菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。