土筆とバッタ

2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢
 民家の裏山、四方が小高い丘に囲まれたここに陽が射してくるには
日の出後1時間半ほどはかかる。山影はひんやりとした空気が漂っていて
水芭蕉の咲く湿地へと流れ落ちる水の音が辺りの木々や山肌に染み入ります。
佇み、しばらく目を閉じ、そのリズミカルな音色に耳を傾けていると
自らの身体に溜まった毒素も次第に洗われ、清められていくようです。
 土筆を撮影してみました。
朝陽が辺りを照らし出す前に形が良く、生きの良い土筆を探していたわけですが、
その目のつけた土筆を構図に取り入れ、ピントを合わせていて「おや?」。
寄り添う土筆の間に小さなバッタがピッタリと張り付いています。
バッタの赤ちゃん?それとも、何だろう・・・。
 背景が出来るだけ抜けて、主題が浮かび上がる位置を見極めて、
陽があたり始めるまで「逃げないでくれよ~」と念じましたね。
 動かずに・・静かに・・そぉ~と・・パシャッ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白花

土筆と朝露

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  4. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  5. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  6. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  7. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  8. 黄昏カエル

    こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。