土筆とバッタ

2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢
 民家の裏山、四方が小高い丘に囲まれたここに陽が射してくるには
日の出後1時間半ほどはかかる。山影はひんやりとした空気が漂っていて
水芭蕉の咲く湿地へと流れ落ちる水の音が辺りの木々や山肌に染み入ります。
佇み、しばらく目を閉じ、そのリズミカルな音色に耳を傾けていると
自らの身体に溜まった毒素も次第に洗われ、清められていくようです。
 土筆を撮影してみました。
朝陽が辺りを照らし出す前に形が良く、生きの良い土筆を探していたわけですが、
その目のつけた土筆を構図に取り入れ、ピントを合わせていて「おや?」。
寄り添う土筆の間に小さなバッタがピッタリと張り付いています。
バッタの赤ちゃん?それとも、何だろう・・・。
 背景が出来るだけ抜けて、主題が浮かび上がる位置を見極めて、
陽があたり始めるまで「逃げないでくれよ~」と念じましたね。
 動かずに・・静かに・・そぉ~と・・パシャッ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白花

土筆と朝露

関連記事

  1. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。