萌える

2016年4月10日(日)撮影
 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなると話が違う。
毎年、唯一春の花として撮影に没頭しているはずなのだが、
その気構えの割に、見るに堪えない写真を連発している。
それも、現像が出来上がり、スリーブを拡げるまで
心の中でなんとなく「やったかも!」と思っているものだから
現実を突きつけられ、目が覚めた時のショックは大きいのだ。
 写真は鳥屋野潟公園で撮影したもの。
桜の枝に名の知らない蔓が絡まって、若葉が芽吹いています。
カメラのアングルを微調整しながら若葉と花が同一種に見える
位置に三脚を固定し、朝の光が満遍なく回り込んでパシャリ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山なみ映す福島潟

白花

関連記事

  1. 暁の光・鳥屋野潟

    7月の第2週に撮影してますが、いつだったかな。撮影日誌に書いてないから、心…

  2. 朝日と波紋

    6日、日曜日、早朝の鳥屋野潟。ちょうど5時頃でしょうか。思えば日の出の時刻が…

  3. 香り漂うロウバイの花

    1月8日に撮影したロウバイの花です。休み前に現像が上がってきましたが、13…

  4. 盆前・燃えない鳥屋野潟

    盆前に撮っている。こんな雲があれば「かなり燃えたんじゃないの?」と考えるの…

  5. おどろおどろしい朝焼け

    2015年8月25日(火)撮影台風の影響の出始めと終わりは天…

  6. 知らず白む鳥屋野潟

    撮影は5月1日になります。「太陽は雲の向こうでとっくに昇っているのに、今日…

  7. 落ち葉のカタチ

    葉っぱのカタチ・・何に見えるかな?葉っぱの持ち主は?雪面に落ちた…

  8. 散り花

    2015年5月3日(日)撮影 鳥屋野潟公園の一角。八重桜の花びらが、その役目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。