萌える

2016年4月10日(日)撮影
 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなると話が違う。
毎年、唯一春の花として撮影に没頭しているはずなのだが、
その気構えの割に、見るに堪えない写真を連発している。
それも、現像が出来上がり、スリーブを拡げるまで
心の中でなんとなく「やったかも!」と思っているものだから
現実を突きつけられ、目が覚めた時のショックは大きいのだ。
 写真は鳥屋野潟公園で撮影したもの。
桜の枝に名の知らない蔓が絡まって、若葉が芽吹いています。
カメラのアングルを微調整しながら若葉と花が同一種に見える
位置に三脚を固定し、朝の光が満遍なく回り込んでパシャリ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山なみ映す福島潟

白花

関連記事

  1. 七月の朝がもうじき?

    今日は台風15号の影響で「朝、もしかすると焼けるかも」と思って鳥屋野…

  2. 燃える帯雲・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ(15/5/2020)久々、ん・・? こんな朝焼けは久…

  3. 101

    2015年10月31日(土)撮影何時になく薄暗い日曜早朝。雨がしとし…

  4. イシミカワの実

    2015年9月22日(祝)撮影「かわいい!」と近づき、ツルを…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  7. 着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

    写真はリバーサルフィルムで撮影した11日の鳥屋野潟。既に投稿…

  8. 雲映す鳥屋野潟

     盆を過ぎた辺りから、朝晩は涼しくなったような気がする。早朝の潟の岸辺に立て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。