「白地に赤く」は何だろな・新潟ドカ雪物語

gr3x(50㎜ crop)

新潟市内はしかも雪が積もった。40㎝近くか、わがらねども。

17日の日曜日に雪がちらつき始め、昨日そのピークを迎えた。典型的な里雪で新潟市内は一時、山間部の阿賀町津川の積雪と同じになった。交通機関は終日マヒ。除雪は主要な幹線道路に限られて、住宅地などを通る生活道路は手つかず。軽自動車がウサギみたいに跳ねていた。

昼間、僕は長岡にいた。

皮肉にも長岡は新潟に比べて雪が少なかった。道路もしっかり除雪されていた。越路周辺部を走っていて雪を被った樹木を見て「あぁ~写真撮りてぇ~」と何度もなる。

雪の帯は夜には山間部へと移っていった。市内の降雪は弱まった。

翌朝・・新潟市内は晴れた。白が眩しい。

カメラ持って公園へGO!

もう写真を撮りたくてウズウズ。娘をバイト先まで送る時間的な制約があって近くの公園に行くことにした。雪の中に人がひとり通れる一本道が出来上がっていた。

当然そこを歩く。

反対方向から柴犬という犬コロ二匹と三人がやって来た。アチラが譲ってくれた。すれ違いざま、その犬コロ二匹に吠えられた。犬コロは道を譲る気がなかったらしい。

真っ白な雪面に紅葉が散らばっていた。カタチのよさげなモミジを探す。コレ、アレ、ソレ・・とモデルさんはどれにしようかな。しゃがんで眺める角度を整えたりする。

雲間から陽が射してくると、雪の粒々の輪郭が消えてしまう。

写真は雲で光量が落ちた時にポチっている。

23日撮影

  • follow us in feedly

【壁を撮る】のが好き・高齢消火栓ボックス

ヤマボウシはなぜ枯れた?・gr3xでマクロ撮影

コメント

    • 橋田すがこ
    • 2023年 12月 23日 12:19pm

    ぶた!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む