ユズリハとヒヨドリ

ユズリハは冬の野鳥たちにとって、願ってもないシェルターでしょう。

あらかた葉が抜け落ちて骨組みだけになった樹木では隠れたところで、身体は丸見え、寒風はもろに吹き付けてくる。

潜り込んだり、飛びだしたりする時が容易なだけではないでしょうか。

その点ユズリハは冬の樹木の中では唯一、葉が生い茂っていて、名前の由来通り古い葉と新しい葉がタイミングよく入れ替わる。

つまり一年中、髪の毛フサフサ状態ということになるわけだ。

そんなこと考えると綿帽子が出来るくらい雪が積もった時なんか、内部の温度は寒いながらも安定しているんじゃない?

写真は雪雲がやってきて、急な嵐に見舞われた時の様子。

公園で雪遊びに興じている親子、そしてレンズを振り回している

私にもパチパチと音を上げてはひっくりかえるような霰が降ってきた。

たまらず、近くのユズリハの懐へと逃げ込んだのでしょう。

やがて嵐が去って、周りが少し明るくなりました。

ヒヨドリは葉陰越しに空を見上げ、様子を伺っているようです。

RVPⅢ 600㍉ NikonF4    新発田市・五十野公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明け前

ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

関連記事

  1. 緑に紅一点・ベニシジミ

    何処にでもいるベニシジミです。良い色合いをしていました。蝶の…

  2. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

  3. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  4. 柔らかな光

    撮影の実際「なんで、こんなにフラれるんだろう?」「正直に、偽りなく接して…

  5. 春花火

    2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢民家が向かい合う狭い路地を進む…

  6. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている…

  7. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  8. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。