ユズリハとヒヨドリ

ユズリハは冬の野鳥たちにとって、願ってもないシェルターでしょう。

あらかた葉が抜け落ちて骨組みだけになった樹木では隠れたところで、身体は丸見え、寒風はもろに吹き付けてくる。

潜り込んだり、飛びだしたりする時が容易なだけではないでしょうか。

その点ユズリハは冬の樹木の中では唯一、葉が生い茂っていて、名前の由来通り古い葉と新しい葉がタイミングよく入れ替わる。

つまり一年中、髪の毛フサフサ状態ということになるわけだ。

そんなこと考えると綿帽子が出来るくらい雪が積もった時なんか、内部の温度は寒いながらも安定しているんじゃない?

写真は雪雲がやってきて、急な嵐に見舞われた時の様子。

公園で雪遊びに興じている親子、そしてレンズを振り回している

私にもパチパチと音を上げてはひっくりかえるような霰が降ってきた。

たまらず、近くのユズリハの懐へと逃げ込んだのでしょう。

やがて嵐が去って、周りが少し明るくなりました。

ヒヨドリは葉陰越しに空を見上げ、様子を伺っているようです。

RVPⅢ 600㍉ NikonF4    新発田市・五十野公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明け前・水と土の芸術祭が始まった 四六時中点いてるのLEDライト?

ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

関連記事

  1. 朝陽に透けるエノコロ蝶

    モンシロチョウだと思っていたが、どうやらモンキチョウみたい。モンキチ…

  2. 透かしホオズキ・ACROS100Ⅱ、ようやく現像…

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  3. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  5. 春の大地は栄枯盛衰 始まりと終わり・Ricoh …

    RICOH・GRⅢx西側高台周辺は低木常緑樹が生い茂り、その中の散歩道を…

  6. “五郎丸”とんぼ

     こっ、これは!・・もしかしてあのポーズ?在庫写真を整理していて懐かしいポジ…

  7. 待合室の中でバスを待つ葛さん・Kodak&Nik…

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  8. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。