ユズリハとヒヨドリ

ユズリハは冬の野鳥たちにとって、願ってもないシェルターでしょう。

あらかた葉が抜け落ちて骨組みだけになった樹木では隠れたところで、身体は丸見え、寒風はもろに吹き付けてくる。

潜り込んだり、飛びだしたりする時が容易なだけではないでしょうか。

その点ユズリハは冬の樹木の中では唯一、葉が生い茂っていて、名前の由来通り古い葉と新しい葉がタイミングよく入れ替わる。

つまり一年中、髪の毛フサフサ状態ということになるわけだ。

そんなこと考えると綿帽子が出来るくらい雪が積もった時なんか、内部の温度は寒いながらも安定しているんじゃない?

写真は雪雲がやってきて、急な嵐に見舞われた時の様子。

公園で雪遊びに興じている親子、そしてレンズを振り回している

私にもパチパチと音を上げてはひっくりかえるような霰が降ってきた。

たまらず、近くのユズリハの懐へと逃げ込んだのでしょう。

やがて嵐が去って、周りが少し明るくなりました。

ヒヨドリは葉陰越しに空を見上げ、様子を伺っているようです。

RVPⅢ 600㍉ NikonF4    新発田市・五十野公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明け前

ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

関連記事

  1. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。