大乱闘

~前の写真の続き~

「山田君!ちゃんと撒きなさいっ!」吉川叔父さんがお立ち台で叫ぶ。

「でも・・もうありません!」と私。

「全部、撒いたのか!」と吉川さん。

「ハイッ!、合図してくれたんで一気に撒きましたっー!」(私)

「何だぁ~っ? もう一袋持って来て撒け~っ!」(吉川さん)

周りには大勢の観光客が幾重にも。

みんな吉川さんの「コ~イ、コ~イ」のあの有名なフレーズを今か今かと待っている。

いつになくピリピリしてるのは民放のラジオ局が取材に来たからだろうか。

あの時、白鳥は吉川さんへは寄らず、私の方に近づいてきたもんな。

もしかして、あのことを・・思い出しているのだろうか・・・。

「よしっ!すぐ撒きなさいっ!」少しは優しい口調になった。

私は背後に立っている大勢の観光客に注意を呼びかける。

「あの~スミマセ~ン!撒きま~す!細かい粉が舞いますよ~」

そして・・エサの入った米袋をかざしただけで・・周りのカモが死にもの狂いで押し寄せる。

しぶきが飛んでくる。

客も顔を覆う。

エサの粉が漂いイヤイヤする客もいる。

カモたちの争奪戦が始まり、吉川さんの声もかき消される。

あらかた、カモが私の方へ寄って来て、塊になったところで、吉川さんがついに叫んだ!「コ~イ、コ~イ!」と。

するとカモが少なくなった空間に白鳥がス~ッと入り込んでくる。

白鳥は吉川さんの周りでエサを食べ始めるのでした。

お・わ・り。

当時の様子を回想してみたが一言一句、あっている訳じゃないからね。

過去写真  新潟県瓢湖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

逆立ち

ふるさとの海

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  3. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

  4. 日向で休むヤマキマダラヒカゲ

    キマダラヒカゲでも「ヤマ」と「サト」がある。「ウミ」、「カワ」は無い。「ヤ…

  5. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  6. 保護色

    これも【保護色】でしょうか。外敵から身を守ったり、またその逆に待ち伏…

  7. ユズリハとヒヨドリ

     ユズリハは冬の野鳥たちにとって、願ってもないシェルターでしょう。あらかた葉…

  8. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。