チューリップ畑-2

 相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。
春の気配なんて風雪でかき消されるありさま。
頭上を冬の嵐が渦巻いていて、気分が萎えそうにもなる。
四季の移ろいを肉体と魂で感じる幸せを喜ぶべきなんだろうけど、
この寒さはちょっとな。
 でも、日一日と昼の時間が一分ずつ長くなっているもんね。
そのうち、明るい春がやってくる・・そう考えれば良いか。

 掲載写真は13日投稿のかたわれ。「迫って見えるように」と
レンズのF値を絞り込んで、圧縮効果を出してみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 100 f/4s NikonF5   胎内市

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大輪菊 厚もの

みんな帰っちゃったな・・

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  3. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

  4. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  5. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。