チューリップ畑-2

 相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。
春の気配なんて風雪でかき消されるありさま。
頭上を冬の嵐が渦巻いていて、気分が萎えそうにもなる。
四季の移ろいを肉体と魂で感じる幸せを喜ぶべきなんだろうけど、
この寒さはちょっとな。
 でも、日一日と昼の時間が一分ずつ長くなっているもんね。
そのうち、明るい春がやってくる・・そう考えれば良いか。

 掲載写真は13日投稿のかたわれ。「迫って見えるように」と
レンズのF値を絞り込んで、圧縮効果を出してみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 100 f/4s NikonF5   胎内市

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大輪菊 厚もの

みんな帰っちゃったな・・

関連記事

  1. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  2. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  3. 春色バカマ

    里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。毎年同じポイントで…

  4. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  5. ホタテなキノコ

    これって、ナニ?ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。色…

  6. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  7. 手水舎の柄杓

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  8. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。