チューリップ畑-2


相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。

春の気配なんて風雪でかき消されるありさま。

頭上を冬の嵐が渦巻いていて、気分が萎えそうにもなる。

四季の移ろいを肉体と魂で感じる幸せを喜ぶべきなんだろうけど、この寒さはちょっとな。

でも、日一日と昼の時間が一分ずつ長くなっているもんね。

そのうち、明るい春がやってくる・・そう考えれば良いか。

掲載写真は13日投稿のかたわれ。「迫って見えるように」とレンズのF値を絞り込んで、圧縮効果を出してみた。

RVP100 AI Micro-Nikkor 100 f/4s NikonF5   胎内市

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大輪菊 厚もの

みんな帰っちゃったな・・

関連記事

  1. 朝陽に透けるエノコロ蝶

    モンシロチョウだと思っていたが、どうやらモンキチョウみたい。モンキチ…

  2. 透かしホオズキ・ACROS100Ⅱ、ようやく現像…

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  3. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  5. 春の大地は栄枯盛衰 始まりと終わり・Ricoh …

    RICOH・GRⅢx西側高台周辺は低木常緑樹が生い茂り、その中の散歩道を…

  6. “五郎丸”とんぼ

     こっ、これは!・・もしかしてあのポーズ?在庫写真を整理していて懐かしいポジ…

  7. 待合室の中でバスを待つ葛さん・Kodak&Nik…

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  8. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。