気まぐれな黄連雀・いたりいなかったり・来たり来なかったり

「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって来た彼らを目撃したことがない。

「年によって出現率が変動する」とも書かれてあるが、これはオイラもその通りと思っている。

エサとなる樹木の実の成り具合で渡るルートが変わるのだろうか。

とにかく見たいときに見れない不思議な野鳥だ。

写真はロウバイ?の木に止まった黄レンジャク。

一羽しか写ってないが数十羽の群れを形成していた。独特のチリチリ音はよく響く。

RVP 600㎜ NikonF3 過去写真 初掲載

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

サンカヨウの花・花びらは雨に濡れるとスケスケ下着になるよ

静かな夜明け・2015年12月23日の夜明け・僕はここにいた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む