月・日・星・ホイホイホイ

 ポジの管理が杜撰で保存状態が良好でない。

プラスティック製のマウントとポジ原板の乳剤面が

接している部分は白く変色し手に持つとポロポロと剥がれる始末。

撮影後、写り具合を確かめた程度で、じっくり覧ることもなく

押し入れに仕舞い込んだまま、長い間放置していた。

数枚ある中でかろうじて保存状態で許されるものは2枚ぐらい。

写真はその中の一方で、オスのサンコウチョウ。

以下文面は掲載写真との関連はない

 今年の5月、連休を利用し、地元の胎内市に戻った折、

鳥坂山の麓で、よく声を聞き、姿も見ることができた。

オイラの観察では春の渡りの季節、後半によく見かけている。

鳴き声の「ホイホイホイ」も音節の区切りに地域性があるのでは。

巣を作るときも、頭を八の字のように回しながら巣材を絡める。

生まれてから巣立つまでも非常に短い。敵への防護本能か。

縄張り意識も強いし、警戒心も半端でない。

子育ては野鳥に限らず人間を含めた生き物みんなそうだけどね。

 過去写真 初掲載

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

飛び立つ白鳥

三光鳥

関連記事

  1. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  2. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気は急…

  3. 神社猫

    品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございました。日常を平々凡々…

  4. 残念な日常・トキワイカリソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  5. 山里のサル

     田んぼのあぜ道にドカッと座り込んで人様の仕事の様子を長い間、見つめていた一…

  6. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  7. 墓守りの木

    この木の近くに墓地がある。畑もあるけど、お墓の存在は大きい。それで一人で勝…

  8. 黄昏カエル

    こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。