青空と白鳥

  白鳥の飛ぶ姿は綺麗だが、写真にするのはオイラは苦手。

若い頃、青空を背景に飛んでくる白鳥の編隊の撮影を何度も試みた。

が、露出がバラバラだったり、編隊の型が画面に納まらなかったりで

飛翔の写真は失敗作だらけ。一目見てポジをゴミ箱によく捨てていた。

当時は一度の撮影でベルビア50フィルムの20本パックを

あらかた使い切っても満足するものがなかったもんな。

だから、今でも白鳥の飛翔の写真となるとトラウマを感じてしまう。

 動体撮影はピント、露出、シャッタースピード、画角と

同時に考えなければならない事が沢山あり、すぐ疲れてしまう。

 過去写真(といっても最近かも) 初掲載   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヒメアカタテハの日光浴

霧と白鳥

関連記事

  1. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのドキュ…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  4. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  5. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  6. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. キチョウの囁き

    現像上がりのスリーブをビューアーにひろげるまでハラハラしてました。…

  8. 福島潟は霧のなか

    今日27日、市内は午後から暖かな陽射しが降り注いでいました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。