胎内市白鳥山 麓で出会った真っ赤な落ち葉・Ricoh gr3x

Ricoh gr3x

白鳥山の宮ノ下コース登山道入り口付近で出会った真っ赤な落ち葉。小路脇は田んぼかな。グチョグチョした縁には苔が密集して、真っ赤なモミジはそこにあった。

緑に赤はどんより沈んだ周囲に比べ鮮やかで、立ち止まりカメラを向けた。

ブレ防止のため右太ももにカメラをあてがい、2枚パシャリしてる。

登山(ハイキング)

昨日20日の日曜日に同僚と二人して胎内市白鳥山を2回攻めた。1回目は白鳥公園側からの追分コース。2回目は鳥坂山駐車場近くの宮ノ下コースから。

もっとも1回目でやめるつもりだった。追分コースを降りるのが億劫で、白鳥山と鳥坂山の中間地点からマイクロウエーブ道路をチンタラチンタラゆっくり降りてきたのだった。

そんでもって宮ノ下コースを進めば白鳥公園駐車場へ戻れると勝手に解釈していた。

それが大きな間違いだ。

宮ノ下コースは白鳥山登山コースのひとつ。

そのコースをたどり再度、白鳥山山頂にたどり着く。

そこから最初に上って来た追分コースを下ったのだった。

最初から、こうしてれば2時間以上早く下山していたはずだ。

忽然消えた謎の黒い男

突然に消えたんだわ。目を違うとこ向けてる間に。

白鳥山山頂でブルーシートを広げて二人してお茶を楽しんでた。ふと山頂小屋を見やるとメガネをかけた男の人がいた。向こう側へ背中を向けてる同僚に合図した。

「人・・わかった?」

「全然、いつ・・後ろ通ったの・」

「音もしないし・・」

我々の驚いた眼に気付いたのか、黒男はペコリと頭を下げた。

我々もペコリ。

僕はコーヒー取り上げ、すすった。

目を上げると・・いないんだよね。

「おい・・いないわ・・」

「えっ!・・どこいったん?」と同僚。

周りは笹薮。我々のいる広場への出入りは二か所のみ。俺は一つのルート脇でオシッコしてた。だから、黒男は同僚のいる側のルートから現れたのは間違いない。

なのに、気が付かないなんてあるのだろうか?

音もしないんだわ。

まさに忽然と消えた。

帰宅後もこの出来事が不思議でたまらんのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

久しぶりに朝焼けを眺めた13日の日曜日・Ricoh gr3

樹木の根元は葉っぱ布団 サクサク フワフワなのだ・Ricoh gr3x

関連記事

  1. 食指動かす彼岸花

    「彼岸になれば、忘れずに咲くヒガンバナ」・・写真仲間の一人のブログを…

  2. 深山茜・未成熟個体

    未成熟個体ではあるが、7日から10日前に見た時より体色が濃くなってきた。…

  3. ツイン蕗

    よく出掛けるお気に入りの場所ではフキノトウは終わった。「薹の立ったフ…

  4. 白黒写真・水芭蕉

    今年3月末に撮影した水芭蕉。富士フィルムのリバーサルフィルムRVP1…

  5. 杉林の底は枝葉布団がヌクヌクで温かいのだ・Ric…

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  6. “五郎丸”とんぼ

     こっ、これは!・・もしかしてあのポーズ?在庫写真を整理していて懐かしいポジ…

  7. 掃除用具・Acros100Ⅱを感度80 ほか現像…

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 NikonF3…

  8. クロヒカゲ♀

    29日早朝、北朝鮮の弾道ミサイル発射には驚いた。私は自転車通勤で、民…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。