ギンリョウソウ 秋バージョン?

 これは一体、何でしょうか。
生きている・・植物・・白い・・きのこ?
環境は・・山の林の中・・ちょっと暗い・・湿っぽい

 そう考えていくと“ギンリョウソウ”と思われた。
でも、頭の中のギンリョウソウはもっと白く透けていて
先端部はこんなに丸く膨らんでいない・・・。

 ポジ原板を改めてチェックしていて昔感じた疑問が蘇った。
インターネットや写真図鑑でその疑問を調べてみたら、
どうやら実が出来つつあるギンリョウソウと思われる。
 ある一時期に見かけた印象だけが頭の中で凝り固まっている。
特にオイラの場合はこんな事が沢山あるから注意しないとな。
 過去写真 初掲載     奥胎内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キジの横睨み

“五郎丸”とんぼ

関連記事

  1. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  2. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  3. マムシソウ

     本日14日、胎内市関沢の森林公園にちょこっと寄ってきた。風向きが変わって冷…

  4. 葉陰のヨシゴイ

     ”瓢湖”と言えば冬の使者”白鳥”をイメージしたくなるが夏鳥達の楽園でもあり…

  5. もののけ・モミジ様に誓った一言は

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  6. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  7. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  8. バンの親子

    撮影地:新潟県 瓢湖/夏(過去写真) お気に入りなのか、しょっちゅうこのポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。