RICOH・GRⅢx・老いてゆく母

RICOH・GRⅢx

胎内市の実家で一人暮らしの母。

6月26日が母の誕生日なんだが、前日の25日土曜日に撮影した。86,87、その辺りと思う。正直、年齢が判らない。知ろうとしたくない。僕はずっと、それで生きてきた。

母はシャキッと働いてて当然と思っていた。

それが、父が死に今度は自分が死ぬんだと言うようになった。庭の草花を愛でる一方で、「死んだら、オメ、雪囲い、しんねまねんよ」と夏の直射を浴びながら真顔で話す母。

腰の曲がった母の姿は見たくないのが本音である。

母は、いつも、働いていた。

現実を直視しないで生きてきた“ツケ”が、大きな壁となって目の前に現れてきた。

左肩の痛み

自転車乗るとまだ激痛が走る。ただし、痛みに体を仰け反らせることはなくなった。なんとかハンドルを持ち続けることが出来る。処方された薬は続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RICOH・GRⅢで朝焼けを撮る・鳥屋野潟

RICOH・GRⅢで『関屋浜のハマヒルガオ』

関連記事

  1. トキワハゼ

    最近、その辺の公園でよく見かけます。調べて見ると、寒い冬以外は咲いているら…

  2. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  3. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  4. アンバランスな日常・デコトラと瓦

    Kodak Tri-X400 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  5. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

  6. アッ・・ピョンキチ?

    トノサマガエルなのかダルマガエルなのか迷ってしまいました。たぶん、『トノサ…

  7. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

  8. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。