岸辺のキクザキイチゲ

 春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。
もう数十年も前、仕事を放り投げて出掛けた先は関川村鷹巣。
営業成績は上がらない。上司には叱られる。おかしくなって逃げ出した。
紺のスーツにネクタイ、黒の革靴そのままの姿で歩き回り撮影した。
何て事ないが私にとっては思い出の詰まったカット。
 過去写真 初掲載 28-85ズーム     4月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

やまゆり

ハクチョウ

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

  3. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  4. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  5. 飛び立つ白鳥

     晴れた朝、気温が下がり、霧が出始めた中、朝陽が一面に差し込んできて、鳴き…

  6. キジの横睨み

     以前に掲載したオスのキジと同じ個体だろうか。ほぼ同じ場所で見かけ,ホロ打ち…

  7. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  8. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。