岸辺のキクザキイチゲ

 春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。
もう数十年も前、仕事を放り投げて出掛けた先は関川村鷹巣。
営業成績は上がらない。上司には叱られる。おかしくなって逃げ出した。
紺のスーツにネクタイ、黒の革靴そのままの姿で歩き回り撮影した。
何て事ないが私にとっては思い出の詰まったカット。
 過去写真 初掲載 28-85ズーム     4月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

やまゆり

ハクチョウ

関連記事

  1. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  2. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  3. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  4. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  5. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  6. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  7. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。