冬枯れにヒヨドリ

葉がすっかり散り落ちて、見るからに寒そうなハゼの木にヒヨドリがやってきた。

冬枯れの野原に寒さを忍んで佇むナンキンハゼがなんだか野鳥がとまっただけで、息を吹き返したような感じ。

陽が陰り、やがて雪玉がふわふわ舞い落ちてきてもヒヨドリは飽きもせずしばらく羽繕いです。

過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハクセキレイ

雪崩れるスタジアム

関連記事

  1. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  2. 山陰は冷たいまま・霜葉

    コナラの幼木でしょうか。陽はとうに昇っているのに山陰は冷たい…

  3. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  4. ぞうときりん

    ACROS 100Ⅱ COSINA Voigtlander ULTRON 4…

  5. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  8. ベニスズメじゃないベニスズメ

    こんな表題にしたせいで、ややこしや~。ここでお呼びでないベニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。