枯れ葉でしょうか いいえキタテハです

2015年10月12日午後 撮影
 セイタカアワダチソウの花にとまったキタテハ。
なんと夏型と秋型があって、それによって翅の形や色合いが違うらしい。
写真図鑑で調べると、次々と興味を引くようなことが書いてあるから
どうにも止まらなくなった。
 セイタカアワダチソウの先端部をパターン的に撮影してみようと
近づいたら “枯葉”がクルリと一回転した。
花々を渡り歩いているようでまるで生き物のように見えた。
(それはそうだろう、生きているんだから)
たぶんタテハの仲間だろうとは解ったが、翅が食いちぎられている。
食いちぎった時にできた “歯型”が見事に残っている・・。
 
 こんな程度の知識で撮影に臨んでいたなんて恥ずかしい限りだ。
風の影響でピントがうまく合わせられず結局フィルム1本近く使用。
絵になる、ならないは別として、ピントが辛うじて許せるのは
この写真1枚だけ。「何とかしてくれ~」と叫びたい。
 RVP100 105㍉ NikonF5   スポーツ公園自然観察池

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モンキチョウ

またも、土手下のエノコログサ

関連記事

  1. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気…

  2. 睡蓮

    2015年5月31日(日)撮影 夜明け前まで雨が降り続いていました。撮影に出…

  3. 鳥屋野潟トロリンチョ

    本日、奥様の退院日。放射冷却現象が起きる。見渡す限り霧の中。地表近くと上空…

  4. ReversalFilm NikonF3 

    夜明けの炎雲

    鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。…

  5. 鶴と蔓

    2016年1月17日(日)撮影 なんだぁ~? どうなってるんだぁ~?枯れアジ…

  6. 広がる朝焼け/鳥屋野潟

    台風の影響か、夜明け前からムッとする南風が時折吹いて、その度に岸辺から沸き上…

  7. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  8. 泥と大地の調和

    2015年9月13日(日)撮影 水と土の芸術祭2015 大矢りか氏の作品『田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。