枯れ葉でしょうか いいえキタテハです

2015年10月12日午後 撮影
 セイタカアワダチソウの花にとまったキタテハ。
なんと夏型と秋型があって、それによって翅の形や色合いが違うらしい。
写真図鑑で調べると、次々と興味を引くようなことが書いてあるから
どうにも止まらなくなった。
 セイタカアワダチソウの先端部をパターン的に撮影してみようと
近づいたら “枯葉”がクルリと一回転した。
花々を渡り歩いているようでまるで生き物のように見えた。
(それはそうだろう、生きているんだから)
たぶんタテハの仲間だろうとは解ったが、翅が食いちぎられている。
食いちぎった時にできた “歯型”が見事に残っている・・。
 
 こんな程度の知識で撮影に臨んでいたなんて恥ずかしい限りだ。
風の影響でピントがうまく合わせられず結局フィルム1本近く使用。
絵になる、ならないは別として、ピントが辛うじて許せるのは
この写真1枚だけ。「何とかしてくれ~」と叫びたい。
 RVP100 105㍉ NikonF5   スポーツ公園自然観察池

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モンキチョウ

またも、土手下のエノコログサ

関連記事

  1. 極彩色な鳥屋野潟

    出勤前の鳥屋野潟の朝焼け撮影、なんとか食らいついてきましたが、そろそろ限界と…

  2. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  3. 朝焼けと爺さん

    じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目か…

  4. 清五郎の夕焼け

    2015年5月9日(土)撮影夕方、鳥屋野潟公園に行く。道路がいつもより混雑…

  5. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつ…

  6. ん?終わり?・・な・朝焼け

    この写真は7月30日の撮影。雲がどんどん染まって拡がり、「左右や頭上までい…

  7. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  8. ピグモン・ジャコウアゲハの幼虫

    出会い7月下旬に♀成長個体を目撃し、その後気になって見に行くと、ウマノスズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。