冬 ツグミ

ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうためなのか。

食べてもらえば、何処かでその種が糞に混じって地面に落ち、やがて芽を出すかもしれない。

野鳥に子孫の繁栄を委ねているのだろうか・・。

雪になった。しんしんと音もなく降り積もっていく。

赤い実が綿帽子を被っていく。

そんな中、ツグミがヒヒッと独特な鳴き声を発してやって来た。

実を力尽くで、もぎ取っては丸呑みしていく。

見る間に食べ尽くされていく。よほどお腹が空いていたのか、それとも、食い貯めしているのだろうか。

上の枝と下の枝がバランス良く収まる位置から。

過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

きのこの子?

モンシロチョウ

関連記事

  1. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  2. 冬のメジロ

    過去写真 初掲載休日は女房そっちのけで野鳥撮影に没頭していた頃の写真…

  3. 獣道脇にポツンと一輪

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  5. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  6. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。