露とんぼ

2015年10月18日(日)撮影
 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみました。
外来種のセイタカアワダチソウの生命力はすさまじく、
歩道沿いに垣根の様に林立しています。
足元にはママコノシリヌグイかミゾソバがこれまた勢いよく
ツルを絡め、ピンク色の米粒を一面に咲かせています。
近くの野鳥観察小屋の屋上から見下ろすと小路は黄色のラインで縁取られ
それが遠くまで続き、また緑にまじって赤がぽつぽつと目立ちました。
野イバラの実と紅葉した南京ハゼの葉です。
 帰り道、セイタカアワダチソウの小径沿いに
朝露でびっしょり濡れたトンボを見つけました。
 RVP100 105㍉F4半 NikonF5     福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明けの福島潟

モンキチョウ

関連記事

  1. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  2. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

  3. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  4. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  5. 嵐の予感

    低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。通り過ぎては…

  6. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  7. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  8. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。