露とんぼ

2015年10月18日(日)撮影
 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみました。
外来種のセイタカアワダチソウの生命力はすさまじく、
歩道沿いに垣根の様に林立しています。
足元にはママコノシリヌグイかミゾソバがこれまた勢いよく
ツルを絡め、ピンク色の米粒を一面に咲かせています。
近くの野鳥観察小屋の屋上から見下ろすと小路は黄色のラインで縁取られ
それが遠くまで続き、また緑にまじって赤がぽつぽつと目立ちました。
野イバラの実と紅葉した南京ハゼの葉です。
 帰り道、セイタカアワダチソウの小径沿いに
朝露でびっしょり濡れたトンボを見つけました。
 RVP100 105㍉F4半 NikonF5     福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明けの福島潟

モンキチョウ

関連記事

  1. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  2. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  3. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  4. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  5. 土手下のエノコログサ

    2015年9月21日(祝日)撮影  掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、改め…

  6. 染まる福島潟

    新潟市・福島潟二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端は…

  7. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  8. これもカマキリの卵なの?

     樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?福島潟周辺のハンノキで見か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。