枯れトンボ

2015年10月上旬 撮影
10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸びてしまった。

フィルムや現像ともに値上がりしたためシャッターの無駄打ちはせず、慎ましくやっていこうと固く誓ったはずなのに・・。

冷蔵庫の中、まだ現像に出してないフィルムが6本もある。

すべて11、12の両日分。金が入ってくるまでしばらく待機である。

こんなに撮ってしまった理由は撮影当日の風のせい。

風景ではそんなに気にせず1構図せいぜい4,5カットだが、花や昆虫などマクロレンズによる撮影となると風によるブレや露出決定でかなり悩み、ついつい多くシャッターを切ってしまう。

あとで、単に不安を打ち消そうとするだけの行為だった・・と後悔することがほとんどだけど。

そんなわけで掲載写真、同一構図で20カットも撮ってしまった。

風でオオアレチノギク?の上部が切れたり、トンボの位置が偏ったり、さらにはピントを外してしまったりで。

RVP100 105㍉ NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋色ナナカマドの実

きのこの子?

関連記事

  1. 白鳥は内股で歩く

    大きさは僕の手の平ほど。これで水かきがあるということは白鳥で…

  2. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  3. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  4. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  5. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせい…

  6. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  8. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。