枯れトンボ

2015年10月上旬 撮影
10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸びてしまった。

フィルムや現像ともに値上がりしたためシャッターの無駄打ちはせず、慎ましくやっていこうと固く誓ったはずなのに・・。

冷蔵庫の中、まだ現像に出してないフィルムが6本もある。

すべて11、12の両日分。金が入ってくるまでしばらく待機である。

こんなに撮ってしまった理由は撮影当日の風のせい。

風景ではそんなに気にせず1構図せいぜい4,5カットだが、花や昆虫などマクロレンズによる撮影となると風によるブレや露出決定でかなり悩み、ついつい多くシャッターを切ってしまう。

あとで、単に不安を打ち消そうとするだけの行為だった・・と後悔することがほとんどだけど。

そんなわけで掲載写真、同一構図で20カットも撮ってしまった。

風でオオアレチノギク?の上部が切れたり、トンボの位置が偏ったり、さらにはピントを外してしまったりで。

RVP100 105㍉ NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋色ナナカマドの実

きのこの子?

関連記事

  1. フィルムの音

    「あっ、マミヤだぁ~」と、こっち。「それは・・もしかしてニコンのF3…

  2. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  3. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  4. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

  5. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  6. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がな…

  7. 静かな朝・豊かな香り:福島潟

    小鳥のさえずりが微かながら降り注いでいた。同時に静かで豊かな大気が波…

  8. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。