枯れトンボ

2015年10月上旬 撮影
 10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸びてしまった。
フィルムや現像ともに値上がりしたためシャッターの無駄打ちはせず、
慎ましくやっていこうと固く誓ったはずなのに・・。
冷蔵庫の中、まだ現像に出してないフィルムが6本もある。
すべて11、12の両日分。金が入ってくるまでしばらく待機である。
 こんなに撮ってしまった理由は撮影当日の風のせい。
風景ではそんなに気にせず1構図せいぜい4,5カットだが、
花や昆虫などマクロレンズによる撮影となると風によるブレや
露出決定でかなり悩み、ついつい多くシャッターを切ってしまう。
あとで、単に不安を打ち消そうとするだけの行為だった・・と
後悔することがほとんどだけど。
 そんなわけで掲載写真、同一構図で20カットも撮ってしまった。
風でオオアレチノギク?の上部が切れたり、トンボの位置が
偏ったり、さらにはピントを外してしまったりで。
 RVP100 105㍉ NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋色ナナカマドの実

きのこの子?

関連記事

  1. 福島潟の朝焼け

     4時、福島潟 蓮池側駐車場。いつもの駐車スペースに車を止めて車中で準備。三…

  2. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を撮影す…

  3. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  5. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑はかつ…

  6. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がっていく  音のしない…

  7. 赤の福島潟

     久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょうか、…

  8. 一本の木

    霧氷でキラキラ見えたんだけどなぁ~・・ポジ原板自体もそんなに輝いていないか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。