枯れトンボ

2015年10月上旬 撮影
 10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸びてしまった。
フィルムや現像ともに値上がりしたためシャッターの無駄打ちはせず、
慎ましくやっていこうと固く誓ったはずなのに・・。
冷蔵庫の中、まだ現像に出してないフィルムが6本もある。
すべて11、12の両日分。金が入ってくるまでしばらく待機である。
 こんなに撮ってしまった理由は撮影当日の風のせい。
風景ではそんなに気にせず1構図せいぜい4,5カットだが、
花や昆虫などマクロレンズによる撮影となると風によるブレや
露出決定でかなり悩み、ついつい多くシャッターを切ってしまう。
あとで、単に不安を打ち消そうとするだけの行為だった・・と
後悔することがほとんどだけど。
 そんなわけで掲載写真、同一構図で20カットも撮ってしまった。
風でオオアレチノギク?の上部が切れたり、トンボの位置が
偏ったり、さらにはピントを外してしまったりで。
 RVP100 105㍉ NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋色ナナカマドの実

きのこの子?

関連記事

  1. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  2. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  3. 澄まし顔のベニちゃん

     リオ・オリンピックで体操内村が金メダルを獲得した。「E難度技」の連続で、目…

  4. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  5. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  6. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影 春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきました…

  7. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影 雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ月ぶり…

  8. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。