ヤマガラ

(過去写真 初掲載)

この写真はNikonF4で撮影した。

F4のファインダーはその明るさに定評があったが、実際使ってみて納得しました。

明るさにハッとなったのを覚えています。

ピントが合わせやすかったのだろう。

それで、併用してたニコンF3のファインダースクリーンに転用したんだ。ちょっと無理したらパカッとはまったような記憶あり。

ただ、ボディーを覆う強化プラスティックの外観がどうも馴染めず“溺愛”することが出来なかった。カメラボディーは総金属製に限るんだ(レンズも!)。

さてヤマガラ。

祖父の好きな鳥だった。

子供の頃、よくヤマガラの話を聞かされた。

人に慣れやすく、口笛を吹くと庭にやって来たとか、茶の間に上がり込んでは牛の置物の角だけをトントンと嘴で叩き、終いには角が折れてしまったとか・・。

その置物、今でもああって、折れた角を見るたびに祖父とヤマガラの話を想い出す。

旧ベルビア50(+1増感) 600㍉ NikonF4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キジ オス

秋色ナナカマドの実

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。