ヤマガラ

(過去写真 初掲載)

この写真はNikonF4で撮影した。

F4のファインダーはその明るさに定評があったが、実際使ってみて納得しました。

明るさにハッとなったのを覚えています。

ピントが合わせやすかったのだろう。

それで、併用してたニコンF3のファインダースクリーンに転用したんだ。ちょっと無理したらパカッとはまったような記憶あり。

ただ、ボディーを覆う強化プラスティックの外観がどうも馴染めず“溺愛”することが出来なかった。カメラボディーは総金属製に限るんだ(レンズも!)。

さてヤマガラ。

祖父の好きな鳥だった。

子供の頃、よくヤマガラの話を聞かされた。

人に慣れやすく、口笛を吹くと庭にやって来たとか、茶の間に上がり込んでは牛の置物の角だけをトントンと嘴で叩き、終いには角が折れてしまったとか・・。

その置物、今でもああって、折れた角を見るたびに祖父とヤマガラの話を想い出す。

旧ベルビア50(+1増感) 600㍉ NikonF4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キジ オス

秋色ナナカマドの実

関連記事

  1. ツルシギ冬羽

    野鳥達の春の渡りシーズン真っ盛りだ。街中で普段聞いたことが無いような…

  2. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  3. 神社猫

    RICOH・GRⅡ品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございまし…

  4. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  5. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  6. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

  7. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  8. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。