カマキリの卵・金玉袋でもあるそうな・ごもっともでございます


2015年10月12日(祝)撮影

セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がたくさん。

4畳半ぐらいの範囲に6個。隈なく探せばもっとあるはず。

いずれも私の目線1.6㍍ぐらいの高さにありました。

ところで“卵”は正式には“卵鞘(らんしょう)”と呼ぶそうな。

“男性のキン玉袋”という意味の呼び名もあるらしい。

まったくもってその通りである。

RVP100 105㍉ NikonF5  スポーツ公園観察池にて

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

前のページ

次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP