田植え直後の夕焼け

 夕方7時前、西の空が茜色になる。
田んぼが夕日を映し出しているシーンが欲しかった。
田植の翌日にその思いが叶うとは思ってもいなかった。
 住宅地にぽつんと取り残された田んぼ。
こちらに住み始めたとき周辺部は田園地帯だった。夏場のカエルの合唱が四方
から聞こえてきた。それがここ2,3年で一気に激変してしまった。
昨年、刈取り中の農家の方に「来年も田んぼ残ってますかね」と聞いたら
「学校田もあるからね」と返事が返ってきてホットした反面、
少し複雑な気持ちになったことを覚えている。「この一角だけ田んぼが残る
なら採算はどうかな」とか、「時代の流れで宅地化か」とか。
茜色に染まり始めた水田を眺めていてふとそんな事を考えた。
 35ミリレンズで歩道上から見下ろすようなかたちで撮影。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おぼろ月夜を映す田んぼ

腰を痛めた環水平アーク

関連記事

  1. 月映す水田

     自転車での帰宅途中、東の空に月が昇る。満月は明日だが見た目はまん丸。薄い雲…

  2. 稲の朝露

     海の日、でも仕事。出勤前に田んぼの朝露の撮影。「この時期、稲は盛んに水分を…

  3. 見納め 夕焼け空

    2015年7月5日(土)撮影  家の前、田んぼ上空の”最後の夕焼け”です。幕…

  4. グルグル雲

    10月に入り天候の変動が激しくなった。穏やかな秋晴れの日の翌…

  5. 風渡る田んぼ

    午後、家の前、風わたる田んぼを撮影する。台風の影響か近くの下…

  6. 腰を痛めた環水平アーク

    彩雲か、いや環水平アークこの日は子供の運動会。小学校生活最後の行事で気合が…

  7. ラジオ体操の夏 朝露

     夏の朝日は好きだ。涼しいから好き。一日の始まりだから好き。これが休日ならも…

  8. また一つ 田んぼが消える

    2015年5月下旬か6月上旬手前は鳥屋野小の学校田。田植え後すくすく育つ早…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。