ド近所の夕焼け空・田植え直後の水田は水鏡、地上に空がある

夕方7時前、西の空が茜色になる。

田んぼが夕日を映し出しているシーンが欲しかった。

田植の翌日にその思いが叶うとは思ってもいなかった。

住宅地にぽつんと取り残された田んぼ。

こちらに住み始めたとき周辺部は田園地帯だった。

夏場のカエルの合唱が四方から聞こえてきた。

それがここ2,3年で一気に激変してしまった。

昨年、刈取り中の農家の方に「来年も田んぼ残ってますかね」と聞いたら「学校田だからね」と返事が返ってきてホットした面、少し複雑な気持ちになったことを覚えている。

「この一角だけ田んぼが残るなら採算はどうかな」とか

「時代の流れで宅地化か」とか

茜色に染まり始めた水田を眺めていてふとそんな事を考えた。

35ミリレンズで歩道上から見下ろすようなかたちで撮影。

[ad#co-1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おぼろ月夜を映す田んぼ・ビール飲んでて月明りに気が付いた

腰を痛めた環水平アーク 己の体力の低下を知りましたわ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。