都市過疎

ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s+Y2 NikonF3

想うのだね このアーチを最後に登った子がいたのだろうって

冬枯れた草場に両膝付いて、ローアングルで構図を探してる時にフッと沸いた。アーチのテッペンでその子を引っ張り上げてる友の顔も。そんでもって、二人して向こう側の日本海を眺めてる光景も。

亡霊になって写ってくれたならそれはそれでいいかもね。

そんな感じでシャッター押してます。

現像仕上がりのネガをつぶさにチェックしたんです。

草葉やアーチの陰に子供らの歓声がギュッと凝縮した塊でも転がってないかって。

落ち着く場所

僕がいるときがそうなのかわかりませんが、すれ違う人、車、見たことないです。

こんな感じですから、海鳴りが聞こえるはずなのに寂しいほどに静かです。

おかしなものです。

何故なのか、考えますね。

ただ、寂しいほどに静かな場所と書きましたが、反面ここに居ると気持ちがス~ッと穏やかになっていくのです。時の止まった風景の中では急く必要を感じないからでしょう。

あれこれ考えるコトしなくて済むみたいな。

2月20日撮影
現像データ:ミクロファイン1:1 23℃ 9分50秒 二浴定着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

路地裏のラッパ猫

サンクトペテルブルクの瓦斯灯

関連記事

  1. 冬の陽射し

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  2. 水屋猫

    家主には申し訳ないが、猫の額ほどの庭にシンク?洗面台?を備えた水屋が…

  3. 潮の匂い・浮き球

    RICOH・GRⅡコロナの影響で家の中にいることが多くなった。街…

  4. 斜光と影

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 切り干し大根

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  6. 路地裏のラッパ猫

    昨年使用したフィルムは全部で70本。年末に2本撮っていたフィ…

  7. 凍り付くフェンス

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3山の…

  8. 雨後の街

    昨日は雨の中、自転車漕いで会社へ行った。真っ白い雨合羽に身を包む(これ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。