土手下のエノコログサ

2015年9月21日(祝日)撮影
 掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、
改めてエノコログサに目を向けてみました。
こいつの写真はこれまでに何枚も撮っているが、
どれもこれもパソコンの壁紙みたい。
言い換えれば“単調”そのもの。
「同じ過ちは二度と繰り返さない」(何度も繰り返している)
と、太陽を入れてドラマチックに「どうだ~っ!」。
さて、結果はいかに。(記事のみ先に書いている)
 RVP100 28㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泥と大地の調和

霧の竜巻ハウス

関連記事

  1. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  4. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  5. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  6. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。