土手下のエノコログサ

2015年9月21日(祝日)撮影
 掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、
改めてエノコログサに目を向けてみました。
こいつの写真はこれまでに何枚も撮っているが、
どれもこれもパソコンの壁紙みたい。
言い換えれば“単調”そのもの。
「同じ過ちは二度と繰り返さない」(何度も繰り返している)
と、太陽を入れてドラマチックに「どうだ~っ!」。
さて、結果はいかに。(記事のみ先に書いている)
 RVP100 28㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泥と大地の調和

霧の竜巻ハウス

関連記事

  1. 霧の福島潟

    2012年4月28日 福島潟。風なし。気温4度。防寒着を重ね着した。6時近く…

  2. サンバを踊れない てんとう虫

    通り雨をやり過ごしたら、むさ苦しい夏の陽射しが戻ってきた・・シャッタ…

  3. 冷たいタカアザミ

    天気痛気圧が急激に変化すると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたり、…

  4. 福島潟・夜明けの小舟

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  5. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきま…

  6. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  7. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  8. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。