土手下のエノコログサ

2015年9月21日(祝日)撮影
 掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、
改めてエノコログサに目を向けてみました。
こいつの写真はこれまでに何枚も撮っているが、
どれもこれもパソコンの壁紙みたい。
言い換えれば“単調”そのもの。
「同じ過ちは二度と繰り返さない」(何度も繰り返している)
と、太陽を入れてドラマチックに「どうだ~っ!」。
さて、結果はいかに。(記事のみ先に書いている)
 RVP100 28㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泥と大地の調和

霧の竜巻ハウス

関連記事

  1. 福島潟の朝焼け

     4時、福島潟 蓮池側駐車場。いつもの駐車スペースに車を止めて車中で準備。三…

  2. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を撮影す…

  3. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  5. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑はかつ…

  6. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がっていく  音のしない…

  7. 赤の福島潟

     久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょうか、…

  8. 一本の木

    霧氷でキラキラ見えたんだけどなぁ~・・ポジ原板自体もそんなに輝いていないか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。