土手下のエノコログサ

2015年9月21日(祝日)撮影
 掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、
改めてエノコログサに目を向けてみました。
こいつの写真はこれまでに何枚も撮っているが、
どれもこれもパソコンの壁紙みたい。
言い換えれば“単調”そのもの。
「同じ過ちは二度と繰り返さない」(何度も繰り返している)
と、太陽を入れてドラマチックに「どうだ~っ!」。
さて、結果はいかに。(記事のみ先に書いている)
 RVP100 28㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泥と大地の調和

霧の竜巻ハウス

関連記事

  1. 冷え込む

     なんだか、急に冷え込んできた(期待している自分がいる)。昨晩は未明、窓枠が…

  2. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角がクッキ…

  3. 冬枯れの福島潟

    2015年12月20日(日)撮影 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌…

  4. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎…

  5. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. 車輪

    撮影の実際福島潟にて撮影した。小径に沿って密集している。黄色い花がやけに目…

  7. 夜明けの幾何学

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  8. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。