霜の棘・simo no toge

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3

氷点下6度前後まで気温が下がると普段は暖かいと感じる毛糸の帽子でも耳元が痛くなってくる。防寒具の表面が白く粉を吹いている。知らないうちに霜が纏わり付いていた。

稜線を抜けた太陽は天空目掛けグングン加速しているよう。

辺りは急速に陽の光に満ちていく。

するとバケツに溜まった水が溢れこぼれるように雪面が俄にざわめきだした。

生き物みたいにキラキラ光り出すんだね。

雪面から突き出た枯れ枝はタカアザミのそれ。

すべて霜の棘と化していた。

僕はこの時間ここに居た。

包み込む冷気が、慈愛の光がこの上ない。

自分を省みる大切な時間・・そう感じます。

写真

残りのコマが2枚かな。

大切に撮ろうとすると安易にシャッターを押せないんだね。

シャッターを切っちゃった後に、もっとイイ光景が見つかって、あぁ~あの時、押してなければ・・なんて後悔するかも知れない、そう考えてしまう。

ようやく気合いで切ったんだ。

光線が強くなってきて、暖かく感じるようになったからね。

グズグズしてたら目の前の霜の棘が消えちゃう。

このカットで1枚、残り1枚は別角度からで、あと1枚あるかなぁ~と期待を込めてカメラの巻き上げレバーをチャージするも動作半ばでアウトでございました。

この帰り道、やっぱりというかイイ光景が待っていたのでした・・。

それをモノクロ35ミリで撮影するもISO400は明るすぎた。現像もオーバー目に仕上がってしまい、構図がよかっただけに、失敗が情けなく後悔している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Version

蒼く凍みる

関連記事

  1. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  2. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  3. 霧の木

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  6. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。