野菜屑とホオズキ

ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF3

透かしホオズキもその下の野菜屑も全て庭で生まれた。

ホオズキは実が成ると母が花瓶に挿して仏壇に供えた。

野菜は食物として我々の胃に取り込まれた。

野菜屑を土に埋める前にホオズキをお供えしてみた。

どうもね

三脚にカメラをセットし安定した状態でファインダーを覗いている。

その割には構図に安定がない。

なんか、じっくり鑑賞できないのだ。

ファインダーには方眼タイプのスクリーンを使用してて、縦線横線を基準にホオズキの位置を丁寧に決めたつもりであるが、直視する目線位置が狂ってたか。

コレ、僕がよくやる失敗。

視線の角度がズレてるんだろう。

あっ、違うわ。

カメラ構える位置がそもそも真上じゃないんだ。

1月31日撮影 胎内市

ミクロファイン1:1 24℃ 8分45秒 (30/60/5)

二浴定着14分、12分(共通30/30/2)非硬膜タイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泥雪と足跡

浜辺のユンボ

関連記事

  1. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  2. やまゆり

     新発田市内ノ倉から旧黒川村へ通じる道路沿い、民家近くの山の林の中でドッカ~…

  3. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  4. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  5. 「母の日」の母

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  7. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  8. ハッチョウトンボとGRⅢ

    RICOH・GRⅢでハッチョウトンボを狙ってみた。35㎜版換算で28…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。