イシミカワの実

2015年9月22日(祝)撮影

「かわいい!」と近づき、ツルを持つと怪我します。

一度、掴んでしまったら、今度は放すのに厄介です。人も他の生きものも、間違いなく嫌になることでしょう。

つるには下向きに小さな棘がいっぱいありました。皮膚に食い込むため、腫れ物に触る感じで扱わなければいけない。

面白い実の成り方です。

実が一個、丸い葉っぱ(托葉)の上に落ちていると思ってたら、違ってました。付いているのです。

写真は逆光の位置から。

葉が非常に薄く、黄緑色に輝きました。実の藍色がうまく発色してくれればいいがなと、パシャリ。

RVP100 105㍉F4半 NikonF5 自然観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

年増のくちびる・ビッグスワン

泥と大地の調和

関連記事

  1. 鳥屋野潟

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から) 今日は20日、「もしかすると、朝焼けいいんじ…

  2. 秋色ナナカマドの実

    2015年10月4日(日)撮影今年はナナカマドの実がやたら綺麗に…

  3. 鳥屋野潟・くすむ青

    本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。早めに起きていながら雲が多くて、…

  4. 雨のツユクサ

    2015年8月30日(日)撮影 雨が降り続いていて肌寒い。今までのあの暑さは…

  5. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  6. 寸光

    他人との繋がりに“疲労”を感じる時があります。届いたメールの返事が遅れると…

  7. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づか…

  8. ひとりの時間

    「なんで、こんな色合いの夜明けがはじまるんだ~?」「大気中に含まれる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。