イシミカワの実

2015年9月22日(祝)撮影

「かわいい!」と近づき、ツルを持つと怪我します。

一度、掴んでしまったら、今度は放すのに厄介です。人も他の生きものも、間違いなく嫌になることでしょう。

つるには下向きに小さな棘がいっぱいありました。皮膚に食い込むため、腫れ物に触る感じで扱わなければいけない。

面白い実の成り方です。

実が一個、丸い葉っぱ(托葉)の上に落ちていると思ってたら、違ってました。付いているのです。

写真は逆光の位置から。

葉が非常に薄く、黄緑色に輝きました。実の藍色がうまく発色してくれればいいがなと、パシャリ。

RVP100 105㍉F4半 NikonF5 自然観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

年増のくちびる・ビッグスワン

泥と大地の調和

関連記事

  1. 七月の朝がもうじき?

    今日は台風15号の影響で「朝、もしかすると焼けるかも」と思って鳥屋野…

  2. 燃える帯雲・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ(15/5/2020)久々、ん・・? こんな朝焼けは久…

  3. 雪崩れるスタジアム

     スタジアムが完成した最初の冬に撮影したもの。建設当初から柵の外から工事の進…

  4. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  7. 着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

    写真はリバーサルフィルムで撮影した11日の鳥屋野潟。既に投稿…

  8. 雲映す鳥屋野潟

     盆を過ぎた辺りから、朝晩は涼しくなったような気がする。早朝の潟の岸辺に立て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。