とまって みる

ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3

今年は撮影に「とまって みる」。

どうも興味の対象が継続しない傾向にあるなと反省してます。

通り過ぎるだけで、元に戻るコトしなくなった。

言い換えれば、深く物事を見て考えようとしない。

例えばヒマワリ。

青空にパカッと花開いたダイナミックで元気ある姿しか撮らない。

その後の姿は目にするも背極的に近づかないでいる。

醜く枯れた姿も絵になるのにと思いながらも目を向けようとしない。

考えながら、そうしない。

こりゃぁ、不安定で偏狭な捉え方だ。

ですから、四季を通してヒマワリの姿を見れてないのですね。

にも拘わらず「撮ったぞ~」と満足し、時に自慢までしてしまう。

考え方も見直さないと。

リバーサルフィルム

モノクロフィルムやその現像に凝り出して、一時期リバーサルフィルムの使用から遠ざかって(約2カ月ほど)、コレまずいかもとなって、最近また使用する機会を増やしている。

面白いですね、リバーサルフィルムを使用している時はその色の発色に目が行くのですが、モノクロですと色の発色はさほど考えず、光の強弱を探している。

こりゃぁ、どういうことなんだろう。

同じ被写体でもリバーサルとモノクロで露出のかけ方がまったく違うし。

なぜこうした事するんだろう。

ちょっと見失ってるモノが多い気がしてきた。

写真は昨年末、新潟市沼垂地区の廃線跡にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スノーダンプ

スコップの背中

関連記事

  1. 坊さんとモンブラン

    (写真を撮った8月30日は)未明に起きて近くの鳥屋野潟へ朝焼け撮影に出掛…

  2. ”グローリー・モーニング”

    2015年5月26日(火)撮影「バ~ラが咲いた♪ バ~ラが咲…

  3. どちらも高くて 手が届きません・・

    写真は昨日の午後の撮影。信濃川の右岸側の土手をチャリブラして…

  4. 炎天下にグッタリ

    クソ暑くて日中、街中を出歩くのは酷というもの。ビールを飲ませてやるか…

  5. 腐食するトタン

    ACROS 100Ⅱ cosina voigtlander ultron 4…

  6. 夏草覆う廃船場

    夏の蒸し暑い昼下がりなのに、ちょっともの悲しい雰囲気がそこには淀んでいるよ…

  7. ダイハツじゃない

    おもむろに「大八車って知ってるか」と、わたくし。「知ってるよ!ダイハツの車…

  8. 波打ち際・小針浜

    KodaK T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。