朝露トンボ

2015年9月21日(祝日)撮影

コフキトンボと言うらしい。シオカラトンボと思っていた。

よく見かける写真屋が教えてくれた。

家に帰り図鑑とかパソコンで調べたらシオカラトンボより頭がデカく体型もずんぐり。おまけにメスは体色の違いなどで二種類ある・・と、書かれてあった。

いまだ知らないことだらけである。

ヒメジョオン(?)の花の懐、たっぷりと朝露が付着。

朝日を浴びて翅を乾かそうとしているのかな。

エノコログサを逆光で撮影しようとしゃがみ込んだ時に見つけた。

最初死んでると思い、息を吹きかけたら前脚で頭を掻いた。

クルクルさせては「止めてくれ~」と言わんばかりの仕草だった。

RVP100 105㍉ NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

きのこ一家

潟すすき

関連記事

  1. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って…

  2. 眠れたかい? エノコログサの懐で一夜を明かしたア…

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、…

  3. ハスの葉の上で哲学する雨蛙 ・NikonF3&A…

    100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  4. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢い…

  5. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘…

  6. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのド…

  7. 寒くないの~?

    あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛…

  8. 岸辺の一本の木が一番美しい立ち姿を見せる夜明け前…

    RICOH・GRⅢx画角は35㎜版フィルム換算で40㎜相当。GRⅢxが4…

コメント

  1. こんばんは、よく見かける写真屋です。
    先日は有難うございました。
    写真のコフキトンボ。新潟市内ではオビトンボ型といわれる
    翅に帯のあるタイプを見たことがありません。
    珍しいものではないようですが、一度見てみたいものです。

      • とみとみ
      • 2015年 9月 27日 3:20am

      とみとみです。
      シオカラトンボとず~と思ってました。
      先入観念でぱっと見で判断してました。
      野鳥以外の生き物の撮影は昨年から始めましたが
      知らないことだらけです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。