朝露トンボ

2015年9月21日(祝日)撮影

コフキトンボと言うらしい。シオカラトンボと思っていた。

よく見かける写真屋が教えてくれた。

家に帰り図鑑とかパソコンで調べたらシオカラトンボより頭がデカく体型もずんぐり。おまけにメスは体色の違いなどで二種類ある・・と、書かれてあった。

いまだ知らないことだらけである。

ヒメジョオン(?)の花の懐、たっぷりと朝露が付着。

朝日を浴びて翅を乾かそうとしているのかな。

エノコログサを逆光で撮影しようとしゃがみ込んだ時に見つけた。

最初死んでると思い、息を吹きかけたら前脚で頭を掻いた。

クルクルさせては「止めてくれ~」と言わんばかりの仕草だった。

RVP100 105㍉ NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

きのこ一家

潟すすき

関連記事

  1. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  2. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の様子…

  3. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  4. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  5. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  6. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

  7. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  8. 日の出光線

    久しぶりの福島潟。西側に位置する「遊潟広場」駐車場は轍が沢山あった。…

コメント

  1. こんばんは、よく見かける写真屋です。
    先日は有難うございました。
    写真のコフキトンボ。新潟市内ではオビトンボ型といわれる
    翅に帯のあるタイプを見たことがありません。
    珍しいものではないようですが、一度見てみたいものです。

      • とみとみ
      • 2015年 9月 27日

      とみとみです。
      シオカラトンボとず~と思ってました。
      先入観念でぱっと見で判断してました。
      野鳥以外の生き物の撮影は昨年から始めましたが
      知らないことだらけです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。