林の中のミズバショウ

この記事は1分で読めます

 午後、久しぶりに旧笹神村の滝沢地区に行く。

昔は車で林道を進んで行けたけど公園整備で、人の手が加えられてからは車止めが設けられた。

ここは野鳥の宝庫だった・・

野鳥が集まる地形を悪用して悪徳業者がかすみ網を張って、捕獲する禁止行為も行われ実際その網を目撃した事もある。

5月になればツツジ咲く林の中、サンコウチョウが飛び交い、川沿いではカワガラスが水浴、獣道に倒れた樹木の上を本土リスが走りすぎていく。

その光景も今となっては遠い記憶だ。

現在、地元の方々が手厚く保護しているが野草などの盗掘が後を絶たないと聞く。

 陽の光は申し分なく穏やか。時折木々を揺らす程度の風あり。

林道をそれ山側の旧道から入り込んでみた。

地形がガクンと落ち込み明らかに昔、人の手が加えられた形跡を認める。木々の枝を払いのけながら進んでいくと水芭蕉の群落に出会った・・・

と書けば何か大冒険しているようだけど整備された砂利道はちゃんとあり、「まっすぐ行き、右に道なり、そのまま、ハイOK!」で到着する。

水芭蕉きれいだった。

最近は富栄養化でバカでかくなった水芭蕉を多く見かけるようになったが、ここはまだ小ぶりなほうだ。開花にピッタリのタイミングで訪れた。

傾き掛けた斜光線は直線的なそれではなく、まどかな光。

その光に中で開花を喜んでいるかのよう。

RVP100 55ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。