時候雑記-8

① 野鳥たちの”秋の渡り”が始まっていた。
12日朝6時30分頃から8時頃まで家の周りがツバメで溢れた。
頭上の電線、目の前の田んぼ上空,その向こうの建物の庇、45羽から50羽ほど。
電線にとまっているヤツの中には、時折ヒョイとグライダーのように下降すると
一気に上昇しそのまま玄関軒下辺りでホバリング、古巣を探している様子。
 一体、何処行ってたんだべ。今年は姿が少ないと気になっていた。
「だって目の前、田んぼが半分になったもんね」
「重機の音も子育てに悪いもんね」と言いたげな様子。(訳ない)
ツバメは生活環境の変化を知る上で、重要なバロメーターだったりして
渡りの途中に立ち寄ったのだろうか。(加筆:13日、7羽見る)

② 鳥屋野潟公園、一週間で地面の様子が劇変していた。
彼岸花の茎”緑色の菜箸が地面にニョキニョキ立っていた。
またキノコが食パンに生えた青カビみたいにドバ~と。白いイトミミズもどき、
松茸もどきにはうんざりするほど。オニフスベもあったべさ。

③ 清掃・点検修理に出していたNikonスキャナーが戻ってきた。
こんなに早く”退院”するとは。
これからは丁寧に大切に扱わないといけないな。

以上、全て9月12日の出来事でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

貝じゃないヤマトシジミ

雨のツユクサ

関連記事

  1. 路地の壁

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f2s NikonF3…

  2. 30年ぶりの再会・NikonF3

    注:写真画像の出所は北海道在住のキンタローさんのWebから製…

  3. カメラの事 大雪の事

    ~カメラの事~年明け早々、ニコンの中古マニュアルレンズ2本が我が家にやって…

  4. facebookページと連携

    ① 当ブログをfacebookと連携させてみた。ここで記事を投稿すると自動的…

  5. 無くなるということ

    「無くなるということ」を考えてみた。そこに在るものが無くなる。親しい人が亡…

  6. 時候雑記-6

    ① 稲の花が咲いた。鳥屋野小学校の学校田だ。7月31日に出穂を確認!、8月1…

  7. ゴジラ顔

    実家近くの神社の狛犬。新年初日の朝は陽の光に満ち溢れていた。見慣れた狛犬の…

  8. NikonF2フォトミック

    ① 先月、仕事で訪れた旧栃尾市内。以前見かけた“気になる看板”を探してみたら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。