深山茜・まだ大人になりきってない個体

翅の縁紋が徐々にピンク色になってきてますね。

大人の階段のぼってる最中なんでしょう。見渡すと、この個体が際立って大人に近く、他はまだケツが青い完全無欠の未成熟個体が多かった。

2週間ほど前に訪れた時は完全無欠の青二才に混じってスネ毛が生え始めた半分大人が複数飛び交っていたのだが、写真のコイツはその時の片割れだろうか。

だとしたら、他のヤツは何処へ行っちまったのだろう。

まぁ、いいや。

コイツ、眺めればそうするほど、オイラにポーズをとってるように見えてくる

両手をスリスリして、こう言うんだ。

「旦那!いまでっせ」

「今のうちに撮らないと、オレ行っちゃうよ」と。

それで、最初はリバーサルフィルムでバシャバシャ。

曇ってきたんで、途中で休憩。

近くの木陰でおにぎりパクついて、陽が射して撮影再開。

F3でしこたま撮影したのに目の前でGRⅢを取り出しても逃げないんだ。

マクロモードにして更にグッと寄ってみた。

レンズの先端から20㎝以内だろうか。

もしかするとオレのコト気に入った?・・そう思った瞬間に逃げられた。

阿賀野市 8月23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

UFOタンク

路地裏

関連記事

  1. ギンリョウソウ 秋バージョン?

     これは一体、何でしょうか。生きている・・植物・・白い・・きのこ?環境は・・…

  2. 雪肌

     吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が眩しく…

  3. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  4. 粗目雪とふきのとう

    2016年3月中旬撮影 午後、約1年ぶりに関川村鷹巣キャンプ場にやって来まし…

  5. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  6. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  7. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  8. 落ち葉の中からフキノトウ

     関川村鷹巣キャンプ場。吊り橋を渡り雪の中を道なりに進むと右側に荒川。飯豊山…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。