バルタンな顔・アブラゼミ

結果、本日の1枚となろうか。

この記事を書いている現時点で傍らにビールがあるもんね。アルコールが体内にジワジワ浸透吸収されつつあるし、もしかすると途中で思考回路が破壊されるかも知れぬ。

朝から雨で、半分ラッキー、半分ガッカリ。

ラッキーと思ったのはぐっすり眠れるから。気温もさほど高くないし、どちらかと言えばタオルケットが欲しいくらい。こんな時はじっくりと睡眠をとるのもいいかなと。

半分ガッカリなのは折角の休みなのにカメラを持って出掛けられないから。

少しぐらいの雨ならヘッチャラなのだが、間断なく降り続く雨には辟易する。

かと言って、家の中にいるのもなんだし、午前中に一度、山里へ向け車を走らせた。

しかしだ。

土砂降りに近い状態で、カメラなんか出せたもんじゃない。馴染みの場所で山清水で顔を洗い、その水を汲んで戻って来ただけだった(水は珈琲用、お米炊く水用)。

家に帰れば家人に「うるさい」と言われる。

午後になって雨が止んだので、住まいの近くの公園にやって来たんだ。

池の畔をウチワヤンマが飛んでいた。

毎年見かける。

オニヤンマもいたな。

オイラに向かってヒュ~と直線的にやって来て、直前で鋭角タ~ンした。

トンボが飛び交い始めたってコトは雨も落ち着いたってなコトかな。

現に雲間から陽射しが漏れて、急に蒸し蒸しきたもんね。

写真

一通り歩き回って飽きた頃に幹の根本付近でじっとしているコイツを見つけた。

翅が尋常でない。

今朝の雨が一因でないかなと案じながらしばし観察。

幹をスライドしながら移動しているのはオイラのせいかなと。

幹の暗がりへと移動する前に写真を撮る。

手ぶれ防止のためにカメラを抱えた手の甲をガッチリと幹に押し付ける。

カメラのピントを蝉のメンタマ辺りに合わせる。

念のため被写界深度をそれなりに深くする。

バルタンな見覚えある顔がそこにあったのでした。

GRⅢ  鳥屋野潟公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

琥珀色の中・鳥屋野潟

深山茜・未成熟個体

関連記事

  1. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書…

  2. 紅一葉

    今年は紅葉をあまり撮らなかった。なんとなく苦手なせいもある。…

  3. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  4. 霧に隠れる鳥屋野潟

    昨日は「夏越の祓」。1年の半分が過ぎ、肉体や精神に溜まったデットックスを洗…

  5. 日の出直前の鳥屋野潟

    2015年6月7日(日)撮影 午前4時前、上沼橋。上空、目立つ雲もなくスコ~…

  6. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  7. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  8. 夜明け空を駈ける

    写真は6月23日(土)の夜明け間近な鳥屋野潟(とやのがた)。フィルムが残り…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。