バルタンな顔・アブラゼミ

結果、本日の1枚となろうか。

この記事を書いている現時点で傍らにビールがあるもんね。アルコールが体内にジワジワ浸透吸収されつつあるし、もしかすると途中で思考回路が破壊されるかも知れぬ。

朝から雨で、半分ラッキー、半分ガッカリ。

ラッキーと思ったのはぐっすり眠れるから。気温もさほど高くないし、どちらかと言えばタオルケットが欲しいくらい。こんな時はじっくりと睡眠をとるのもいいかなと。

半分ガッカリなのは折角の休みなのにカメラを持って出掛けられないから。

少しぐらいの雨ならヘッチャラなのだが、間断なく降り続く雨には辟易する。

かと言って、家の中にいるのもなんだし、午前中に一度、山里へ向け車を走らせた。

しかしだ。

土砂降りに近い状態で、カメラなんか出せたもんじゃない。馴染みの場所で山清水で顔を洗い、その水を汲んで戻って来ただけだった(水は珈琲用、お米炊く水用)。

家に帰れば家人に「うるさい」と言われる。

午後になって雨が止んだので、住まいの近くの公園にやって来たんだ。

池の畔をウチワヤンマが飛んでいた。

毎年見かける。

オニヤンマもいたな。

オイラに向かってヒュ~と直線的にやって来て、直前で鋭角タ~ンした。

トンボが飛び交い始めたってコトは雨も落ち着いたってなコトかな。

現に雲間から陽射しが漏れて、急に蒸し蒸しきたもんね。

写真

一通り歩き回って飽きた頃に幹の根本付近でじっとしているコイツを見つけた。

翅が尋常でない。

今朝の雨が一因でないかなと案じながらしばし観察。

幹をスライドしながら移動しているのはオイラのせいかなと。

幹の暗がりへと移動する前に写真を撮る。

手ぶれ防止のためにカメラを抱えた手の甲をガッチリと幹に押し付ける。

カメラのピントを蝉のメンタマ辺りに合わせる。

念のため被写界深度をそれなりに深くする。

バルタンな見覚えある顔がそこにあったのでした。

GRⅢ  鳥屋野潟公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

琥珀色の中・鳥屋野潟

深山茜・未成熟個体

関連記事

  1. blue moment

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間、青の時間がや…

  2. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  3. 雪の川

    鳥屋野潟公園駐車場近くの階段に積もった雪。『雪の川』なんて洒落こいた題名を…

  4. Red and Black

    ~新潟市/鳥屋野潟の夜明け~ 写真は2014年の6月3日に撮影している。後に…

  5. カマキリの大股開き

    視線の先にはクモ。カマキリの種類?そんなこと分かりませんね。…

  6. 秋色ナナカマドの実

    2015年10月4日(日)撮影今年はナナカマドの実がやたら綺麗に…

  7. 鳥屋野潟・長雨のあと

    今日ようやく梅雨が明けた。その梅雨明けの日の朝を写真に収めよ…

  8. ReversalFilm NikonF3 

    夜明けの炎雲

    鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。