夏草覆う廃船場


夏の蒸し暑い昼下がりなのに、ちょっともの悲しい雰囲気がそこには淀んでいるようでした。

草薮に体を突っ込んでカメラを構えると、すぐにドロ~ンとした汗が僕の体のあらゆる毛穴から滲み出てきて、さらには蚊まで集ってくる。

気にしな~い・・気にしな~い・・

・・努めてクールに気持ちを落ち着けようとしましたが、そうした思考回路も限界に近づいているみたいで、着ている上着も下着も皮膚にベッタリ付着しているのが気に障る。

蚊に刺された足元に猛烈な痒みを覚えて、カメラはそこに残したまま、自分だけ夏草の中から逃げ出した。

そうして、離れた場所からカメラを向けたその構図場所を眺めてみたら、熱を帯びた僕の体とはまったく異質のなんだか物淋しい淀みがそこに沈殿しているようで、一瞬鳥肌が立った。

手前廃船の操舵室部分を覆っている夏草はハマゴウか。青紫色の花びらは、その場に清涼感を与えようとしていたが、力及ばないようだ。

ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF3  7月下旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

raindrops

琥珀色の中・鳥屋野潟

関連記事

  1. 小高い丘の上から・海

    新潟市の住処から北へ約18㌔。島見浜の小高い砂丘から何気に日本海を望んで…

  2. シュワッチな出入り口

    コレ、6月27日午後の撮影です。りゅーとぴあ・・どうなってるんだろうと?…

  3. 港湾

    信濃川右岸に立つ新潟みなとタワーから新潟西港を俯瞰しています。…

  4. 火炎土器かゾンビの手か

     縄文式土器の火炎模様と捉えるか、パチンコCRモンスターの地中から這い出たゾ…

  5. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  6. 柳都大橋からの眺め

    RICOH・GRⅡ 23/5/2020~昨日午後のこと~青空に浮…

  7. 秋の夕空

    暑い一日(気温34度を記録)が終わろうとしている。蒸し暑さが…

  8. チャリ通途中の桐の花

    RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF3…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。