三角タワーとクラゲ雲

『入船みなとタワー』を袴付近から仰いだ図(5月23日撮影)。

外壁に空の模様が写り込んで面白そうなので。

朝のどんよりした大気はすっかりなくなって、昼には澄んだ青空に綿雲がプカプカ浮いた。それはもう、大海原にクラゲの大群がひしめいているってな感じでした。

『入船みなとタワー』は信濃川の底を走る『新潟みなとトンネル』の左岸側の排気塔。

トンネル内の空気循環のための建物なんだけど、近未来的というか、現代的というか、斬新的というか、そんな外観だから、一見すると何かのテーマパーク館?と見間違いそう。

実際に僕がそうでありんした。

タワーは対岸にもあって、それと併せてツインタワーをなしているけど、こちらのタワーしかり、対岸のタワーしかり、建物の中に人がほとんどいないんだ。

立派な建物なのにイベントみたいなこともない。

あったとしても記憶が無い。

もったいねぇなぁ~と連発してました。

相当金かかってんだろうな。

税金どれだけ使ってんだろう・・ともね。

それが海底トンネルの排気塔であることを知り、さらには排気塔でも可能な限り有効スペースを活用し展望室やら外階段なんて洒落た空間を生み出していると知って、オォ、良いジャン良いじゃんとなったのでありんした。

知らないってコトは恥ずかしいことでありんした。

写真

モノクロフィルム用にY2フィルターをかまして撮影してます。

光の階調?とか濃淡とかをより強調するフィルターなんだけど、この種のフィルターのなかでは「普通」レベル。上にはもっと過激な描写(ハードモノクロなんだろうな)を生み出すものもあるそうな。

この日中は新潟の空はとてつもなく光に満ちていてモノの陰影がクッキリ。

このフィルターの効果を調べてみるにはうってつけの日でもありました。

自転車

同僚より安く自転車を手に入れたんだが防犯登録の変更・・面倒くさい。

防犯登録された自転車は、最初の登録時の登録票と自転車を自転車屋に持ち込んでその抹消をおこなって、次なる所有者がその自転車の防犯登録をやらないと。

同僚は登録票を無くしたという。

本人が確かに僕に譲ったという譲渡証明だけじゃダメなのかな。

ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s+Y2フィルター NikonF3  新潟市

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寂しい公園

信濃川船だまり

関連記事

  1. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  2. 新川漁港

    新潟市西区新川漁港にて朝の光の中で撮影したのでした。メリハリ…

  3. 桜色の雪割草

    新潟県庁敷地内の一角に「県庁の森」と呼ばれる林がある。人口の…

  4. 小春日和

    晩秋から冬にかけての暖かく晴れ上がった日のことを『小春日和』と呼ぶそ…

  5. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  6. シュワッチな天井

    妙に寒い夜だったなぁ。静かだったし。「もしかしたら、もしかし…

  7. 坊主頭

    県立植物園の温室ドーム。此処は曲線と直線の織りなす建物が隣接…

  8. 信濃川船だまり

    ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s+Y2フィルター Ni…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。