おどろおどろしい朝焼け

2015年8月25日(火)撮影

台風の影響の出始めと終わりは天候の条件次第ではダイナミックな朝・夕焼けが起きやすいと言われます。

この日の朝焼けはその条件にピッタリと当てはまりました。

全天を覆う雲は地平線近くでパッカリと割れ、朝焼けの期待度は十分。

また湿り気を感じる南風は雲を整列させ、規則性を与えています。

「風が無ければ湖面が鏡のように輝き、際を境に上下真っ赤になるのに」と欲が出てしまったが、なるわけありませんね。

午前4時40分、上沼橋の親柱の上に三脚を載せて待つこと10分。

地獄の釜の蓋を開けた様なおどろおどろしい朝焼けになってきました。

散歩中の2人のおばちゃんも「なにコレ? なんか起きるよ!」と燃え盛るような朝焼けをなかば緊張気味に眺めています。

雲の瘤が向こう側から頭上へと赤く塗り固められていき、赤く反射する部分とそうではない部分との陰影がクッキリしてきました。

それが、幾重にもなって広がっていきます。

一年に数回あるかないかの朝焼けでしたが、まさにこの時間、台風直下の九州では被害が出始めていたのですね。

あの時のおばちゃん達の会話を思い出しました。

RVP100 28㍉F値8 NikonF5   上沼橋から鳥屋野潟を望む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝露キラリンチョ

ヤマトシジミちゃん

関連記事

  1. 寒波一休

    昨日の早朝の福島潟は晴れた。車の外気温が−6℃までは確認したが、明け方は更に…

  2. 一人の時間 川の流れ

    雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。とうに夜が明けて遠くから…

  3. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  4. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  5. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  6. 光の道

    私の部屋の窓からは東から北にかけての空が丸見え。夜は布団を敷いた状態…

  7. いにしえの開拓者

    “清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1…

  8. 初々しい 新芽

    午後になり陽が射し始める。入院中の女房は順調で「焼きプリン買ってきて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。