おどろおどろしい朝焼け

2015年8月25日(火)撮影

台風の影響の出始めと終わりは天候の条件次第ではダイナミックな朝・夕焼けが起きやすいと言われます。

この日の朝焼けはその条件にピッタリと当てはまりました。

全天を覆う雲は地平線近くでパッカリと割れ、朝焼けの期待度は十分。

また湿り気を感じる南風は雲を整列させ、規則性を与えています。

「風が無ければ湖面が鏡のように輝き、際を境に上下真っ赤になるのに」と欲が出てしまったが、なるわけありませんね。

午前4時40分、上沼橋の親柱の上に三脚を載せて待つこと10分。

地獄の釜の蓋を開けた様なおどろおどろしい朝焼けになってきました。

散歩中の2人のおばちゃんも「なにコレ? なんか起きるよ!」と燃え盛るような朝焼けをなかば緊張気味に眺めています。

雲の瘤が向こう側から頭上へと赤く塗り固められていき、赤く反射する部分とそうではない部分との陰影がクッキリしてきました。

それが、幾重にもなって広がっていきます。

一年に数回あるかないかの朝焼けでしたが、まさにこの時間、台風直下の九州では被害が出始めていたのですね。

あの時のおばちゃん達の会話を思い出しました。

RVP100 28㍉F値8 NikonF5   上沼橋から鳥屋野潟を望む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝露キラリンチョ

ヤマトシジミちゃん

関連記事

  1. 松ぼっくり

    子供が松ぼっくりを拾い集めて、石の上に並べて遊んでいた。母親に断ってその並…

  2. ひとりの時間

    「なんで、こんな色合いの夜明けがはじまるんだ~?」「大気中に含まれる…

  3. 主菓子

    目の覚めるような綺麗な苔で足を止めて見入ってしまった。午前中…

  4. 鳥屋野潟/春霞

    30日も仕事である。忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない…

  5. もしかして、大スクープ!・・?

    何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。シジミチョウ…

  6. 豚雲と赤い夜明け

    2015年5月11日(月)撮影 夜明け前、ひんやりした大気が鳥屋野潟を覆って…

  7. ORANGE・BAND

    公園の樹木や街中の木々が一斉に色付き始めたようだ。標高の高い地域ではどんな…

  8. イナゴ

    2015年10月18日(日)昼頃撮影 池の畔を見回っていてイナゴと遭遇。交尾…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。