ヨシゴイ 幼鳥

過去写真(遠い過去)

瓢湖にて7月下旬に撮影したものと思います。

ヨシゴイの幼鳥。

白い産毛がまだ付いているから巣立って間もないのだろうか。

親と同じように蓮の茎にとまって水面近くを泳ぐ小魚やオタマジャクシを捕まえようと近くの茂みの中から飛んできた。

でも、この位置からではいくら首がビロ~ンと伸びたとしても獲物まで届かない。

カワセミのようにダイブはしないし。

本当に捕まえようとするならもっと水面近くの茎にとまるはず。

観察しているといろんな疑問が沸いてくるけど、まずはパシャリ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の入道雲

お疲れ気味 コヨシキリ

関連記事

  1. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  2. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  3. 緑の血潮

    阿賀町・たきがしら湿原♬・・手のひらを太陽に すかしてみればまっかに流れ…

  4. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  5. 赤谷・連続洞門

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  6. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  7. チョウトンボ

    アヤメなんだか菖蒲なんだかよく分かりませんが、その葉っぱ、いや茎?の根元近く…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。