ヨシゴイ 幼鳥

過去写真(遠い過去)

瓢湖にて7月下旬に撮影したものと思います。

ヨシゴイの幼鳥。

白い産毛がまだ付いているから巣立って間もないのだろうか。

親と同じように蓮の茎にとまって水面近くを泳ぐ小魚やオタマジャクシを捕まえようと近くの茂みの中から飛んできた。

でも、この位置からではいくら首がビロ~ンと伸びたとしても獲物まで届かない。

カワセミのようにダイブはしないし。

本当に捕まえようとするならもっと水面近くの茎にとまるはず。

観察しているといろんな疑問が沸いてくるけど、まずはパシャリ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の入道雲

お疲れ気味 コヨシキリ

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  4. 千枚通しで突き抜けて

    専門的でややっこしい話は別として、この葉っぱ、「よっしゃぁ~」ってな勢いで残…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  7. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。