露草色

2015年8月中旬撮影
 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なのに
何故か「なんとしても見たい」という対象ではない道端のツユクサ。
時期になれば、見たいと思わなくとも視界に入ってくるという
有り余るほどの平凡な存在が逆に災いしているのかもしれません。
 そう考えると“美しい”と感じるのは滅多に見られないという
”希少性“と”存在場所“が大きな判断基準になっているのかも。
なんか、ややっこしくなってきたぞ・・・。露草色です。
 RVP100 105㍉ NikonF5 スポーツ公園内自然観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

学校田 稲の花咲く

朝露キラリンチョ

関連記事

  1. 寒波一休

    昨日の早朝の福島潟は晴れた。車の外気温が−6℃までは確認したが、明け方は更に…

  2. 一人の時間 川の流れ

    雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。とうに夜が明けて遠くから…

  3. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  4. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  5. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  6. 光の道

    私の部屋の窓からは東から北にかけての空が丸見え。夜は布団を敷いた状態…

  7. いにしえの開拓者

    “清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1…

  8. 初々しい 新芽

    午後になり陽が射し始める。入院中の女房は順調で「焼きプリン買ってきて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。