露草色

2015年8月中旬撮影
 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なのに
何故か「なんとしても見たい」という対象ではない道端のツユクサ。
時期になれば、見たいと思わなくとも視界に入ってくるという
有り余るほどの平凡な存在が逆に災いしているのかもしれません。
 そう考えると“美しい”と感じるのは滅多に見られないという
”希少性“と”存在場所“が大きな判断基準になっているのかも。
なんか、ややっこしくなってきたぞ・・・。露草色です。
 RVP100 105㍉ NikonF5 スポーツ公園内自然観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

学校田 稲の花咲く

朝露キラリンチョ

関連記事

  1. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  2. コスモス、おまえに決めた

     朝から雲の多い天気。ただし草花の撮影時、悩まされ続けた風が無い。明るくはな…

  3. 燃える鳥屋野潟

    *写真は過去のものです昨日の夕方近く、雨脚が弱まった空は大きなレフ板で光を…

  4. 杭とサギ

    2015年5月30日(土)撮影既に掲載済みの”光る雲”の約1…

  5. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  6. たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

    6日土曜日、鳥屋野潟の夜明けです。7月に入ってムムッとなる朝焼けがこれまで…

  7. オレンジな朝

    眠りが浅く、当然寝た気がしない。でも、寝れないんだな。布団の中に潜り込んだ…

  8. 散り花

    2015年5月3日(日)撮影 鳥屋野潟公園の一角。八重桜の花びらが、その役目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。