露草色

2015年8月中旬撮影
 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なのに
何故か「なんとしても見たい」という対象ではない道端のツユクサ。
時期になれば、見たいと思わなくとも視界に入ってくるという
有り余るほどの平凡な存在が逆に災いしているのかもしれません。
 そう考えると“美しい”と感じるのは滅多に見られないという
”希少性“と”存在場所“が大きな判断基準になっているのかも。
なんか、ややっこしくなってきたぞ・・・。露草色です。
 RVP100 105㍉ NikonF5 スポーツ公園内自然観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

学校田 稲の花咲く

朝露キラリンチョ

関連記事

  1. カラスと一緒の朝焼け

    2015年6月12日(金)撮影 天気予報で曇りのち雨の予報。天候の変わり目が…

  2. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  3. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎ…

  4. 半分、赤い・・鳥屋野潟

    なんだか、“半分、赤い”焼ける前から雲の動きを見ていて「これは半分だ…

  5. ちょっと待った!カマキリ

    8月下旬頃からカマキリをよく見るようになった。時期的に彼らの生活上、大きな…

  6. 円盤形ギザギザマーク

    2015年7月4日(土)撮影 6月21日撮影し27日に掲載した”謎のX(エッ…

  7. 謎の”X”

    2015年6月21日(日)撮影 午前6時、鳥屋野潟公園かめ吉田んぼ脇観察池の…

  8. ヤマトシジミちゃん

    2015年8月30日(日)撮影ヤマトシジミ。小っちゃい。翅の表は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。