先生とお弟子さん

ACROS 100Ⅱ コシナ・フォクトレンダー ULTRON40f2SLⅡs NikonF3

4月19日午後は絶好のお散歩日和となった。コロナで「脱・三密」が広く浸透してきた時期なんだが、「ステイ・ホーム」なんて言葉はまだ周知されてなかった気がする。

せいぜい「県をまたぐような移動の制限自粛」くらいだったような。「人混みを避け、広い公園で体のストレッチ」・・これもよく言われていたな。

さて当日は実家の用事を済ませ、新潟に戻ると家族が「公園へ行こう」と。

こんな良い天気、狭い家の中にいてもストレス溜まる・・

めいめいそう感じていたんだね。

それでそれぞれ自転車にまたがってやって来たのでした。

僕はカメラ担いで。

園内はビックリ仰天の人、人、人。

子どもたちは遊具でワイワイガヤガヤ、歓声クライマックス!。サングラスと短パンでジョギングする人、林の中にはいって虫眼鏡で覗き込む人、カラスを追いかけるハゲ頭のオヤジ・・。

何処を向いても人と犬。

みんな思い思いに貴重な時間を楽しんでいる。

でもこんなに人が多く出ているとは予想もしなかったね。

公園出入り口で行政の方々がバインダー片手に記録でも取っているようだが、人出の多さには為す術もなく困惑の表情をみせていた。

撮りたい!

陽が傾いて帰ろうとしたんだけど、この二人がどうも気になった。なんとも言えない調べが辺りを包んでいるし、陽の陰り加減もよくて。

よくわからない楽器の練習に懸命なんだね。

様子を見ていると先生とそのお弟子さんみたい。

撮りたい!

思い切って声を掛けてみた(近づくよりはちょっと離れて)。

「うしろから写真撮っていいですか? フィルムなんで、どう撮ったかお見せ出来ませんが・・」

(かなり緊張・なにせこんなことは初めてなんで)

そしたら、いとも簡単に、

「ハイ、どうぞ、どうぞ」って。

嬉しかったなぁ~。

撮影後、ちょっと距離をおいて丁重に御礼を述べてその場を離れたのは言うまでもありません。

とにかく初めて他人様に声を掛けた・・いやぁ~嬉しかった。

4月19日撮影 県立スポーツ公園にて

*この後、園内の遊具は全て使用禁止となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

チャリ通途中の桐の花

ベニシジミのお宿はハルシオン

関連記事

  1. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  2. 桃色な朝はいつなんだろ

    在庫写真から雲がちょこっと出ていれば出勤前に朝焼けを撮影しているが、昨年の…

  3. これは? わからんなぁ・・

     殻が割れて中の実が覗いている・・それとも花が萎れて枯れ果てて、萼に抱かれて…

  4. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

  5. セイタカアワダチソウの花芽の下

    セイタカアワダチソウがこんもり盛り上がって、黄色く熟してきたぞ。以前ススキ…

  6. under construction

    写真は建設中の バベルの塔・・ではなく、食育・花育センター。おそらく当時は…

  7. 燃える鳥屋野潟

    写真は10月3日月曜の鳥屋野潟の朝焼けを撮ったもの。4月中旬から再開してい…

  8. Big Swan

    頭をひねって考えた。撮影日が思い出せないのだ。24か25、いや26日か。撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。