夏の入道雲

瓢湖の裏側から新発田市方面に広がる田園地帯での一コマ。
8月に入り稲穂が出そろう頃になると頻繁に入道雲が現れる。
青い空に綿飴のような雲がモクモク上空に向けてぶつかり合う。
雲の層が分厚くなるにつれ、下層部分の暗い影も形を変えながら
広がっていく。
28㍉広角レンズで思いっきり仰ぎ見ながら撮影してみました。
過去写真 初掲載     8月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉陰のヨシゴイ

ヨシゴイ 幼鳥

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  3. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  4. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  5. “縄文田んぼ”に朝がきた

    今日26日は待ちに待った日曜日。娘は昨日の"音髭”を飛び跳ね…

  6. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。