チャリ通途中の桐の花

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF3(f4、1/125sec)

ようやく撮れた。

こんな日が来るとは・・思っていたけど、ヒョンな感じでやってきたね。

会社までチャリ通の僕はキョロキョロしながら自転車漕いでいる。

雨降りや風の強い日はそんな余裕なんてなく、ペダルを回転させる足元に視線を落としているんだけど、何年も同じ道を走っていると、周りの景色が確実に脳裏に焼き付く。

この桐もそう。

10年近くその存在を知っている。1本だけじゃなく疎らに4,5本道沿いに立っている。

誰が植えたのか、それとも自然と生えたのか知る由もないが、その下近くを通り過ぎる僕の視線に写り込み焼き付いていったんだね。

ただ、ずっと、ず~っと、ツタとかそんな類いがゴチャゴチャ絡みついていて、桐を桐として愛でる対象になり得なかった。

藪や枝の交差したむこうに桐があるってな感じ。

それが昨年末、道路沿いの灌木やらゴミとか一気に綺麗サッパリ取り払われたんだ。

桐の木々が丸見えになった(タニウツギもそう)。

「こりゃ、花の咲く時期が楽しみだぁ~」

それで撮った。

9日、10日、12日、連続して3日、延べ5回レンズを向けた。

写真は蕾の状態だが1週間もしないうちに満開となって、花序を落とし始めるんだね。

*毎回ほぼ同じアングルで狙ったが、その都度、花が開いていく様子をつぶさに観察出来た。写真は一発目。9日、午前6時頃のカット。撮影の時だけはチャリでなくマイカーを使用した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

残念な日常・トキワイカリソウ

先生とお弟子さん

関連記事

  1. 青い空に波打つタワー

    2月24日日曜の青空は新潟に居ながら東京で仰ぎ見たそれにそっくりで、…

  2. フェンスの向こう側・壊れた消防車

    壊れた消防車がそこにある。いつになったら撤去されるのだろうと…

  3. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  4. 秋の夕空

    暑い一日(気温34度を記録)が終わろうとしている。蒸し暑さが…

  5. 股下から水上バスが現れた

    2日の土曜日、デジタル撮影前にフィルムで撮った萬代橋。向こう…

  6. 病み上がりに眺めた萬代橋は冷たい

    先週末と言って良いのでしょうか、病み上がりに眺めた萬代橋です。…

  7. それぞれの ♪夕焼け小焼け♪

    今日2日の♪夕焼け小焼け♪はこんな感じだった。北陸自動車道は…

  8. 石の組み合わせと窓枠の妙さに惹かれてカメラを構えていて、ありゃまぁ~…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。