学校田 稲の花咲く

2015年8月9日(日)撮影
 午前8時を過ぎたばかりですが、しかめっ面になってしまう。
それだけ太陽光線が強烈で、まともに遠くを見られない。
 8月に入り、学校田は“出穂”に次ぐ “開花”のラッシュを迎えた。
すさまじい変化で、稲の強靭な生命力を否が応でも感じてしまいます。
しかも、昨年と全く同じ時期にピタッとあてはまるから驚きだ。
見るとモミがパッカリ割れて、ピロリ~ンと雄しべが伸びている。
さらに覗き込むとモミの中にめしべが見えた。
11時頃、畦側から開花真っ只中を覗き込むようにパシャリ。
 それにしても陽射しが半端でない。暑さでおかしくなりそう。
カメラは触るととんでもなく熱く、液晶表示パネルもかすれ気味。
手ぬぐい被った私の頭もカッ、カッ、カッ。
 RVP100 55㍉ NikonF5   家の前の鳥屋野小学校田にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

お疲れ気味 コヨシキリ

露草色

関連記事

  1. 夏の田んぼ

    自転車で戻って来て家に入る前に目撃した光景。真っ青な空、白い雲、まぶ…

  2. 田植え直後の夕焼け

     夕方7時前、西の空が茜色になる。田んぼが夕日を映し出しているシーンが欲しか…

  3. 餅雪

    フェアバンクスの雪は、空から地上へと、梯子を伝うようにいつもまっすぐ降り…

  4. カール雲

     お馴染み、家の前、田んぼからの夕焼け空です。道路脇の歩道上から田んぼと民家…

  5. 花咲く稲穂

      「ほら、見て。アレが稲の花。わかる?見える?」近くに住んでいるという奥さ…

  6. たそがれどき

    2014年8月29日 撮影 残照です。日没後既に30分近く経過してます。いわ…

  7. 銀鱗(ぎんりん)

     昨年9月に撮影した”うろこ雲”。夕陽を浴びてまるで銀鱗その…

  8. 風渡る田んぼ

    午後、家の前、風わたる田んぼを撮影する。台風の影響か近くの下…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。