桜葉を抱いた菫

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 

よく山清水を汲みに行く。

その清水で米をとぐ。珈琲を煎れる。娘が小さい時はアトピーの体質をなんとか改善したいがために、その水で洗顔させていた。

菫はその頃からそこにある。

同じ株かどうかは知らないが、春になると決まって「ここにいるよ」っと花を咲かせ僕を振り向かせる。

水汲み場を見下ろす斜面の際にチョコンと咲いた姿は小さな妖精のようでありながら、なかなか力強い姿に映るときもある。

写真をしたためたこの時は頭上の山桜が散って、その花びらが葉に付いていた。

写真

全部で4カット撮った中の1枚。

段階露出はしなかった。露出値の決定にかなりの自信と自負があって、間違いない・・と感じていたが、半ステップほど明るく仕上がった。

最近、ポジで撮影した画像の全てが予想していた以上にオーバー目に発色する傾向にある。カメラのオート機能を使わず、もっぱらマニュアルで撮影してきたが、どうしちゃったんだろう?

それで、撮影時そのことが頭を過り、敢えてマイナス気味に露出を設定して撮ると、今度は出来上がりのポジがなんだか露出不足になるんだね。

困ったもんだ。

追伸:撮影時、ここの近所に住んでいる婆ちゃんが自転車乗ってやって来た。よく見かける婆ちゃんで「今度はなんだねぇ~」と声を掛けてきた。

「菫なんです」私

「んだ 花はいい 元気が出る」婆ちゃん

 新発田市 24日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥居と大コブシ

鳥屋野潟の日の出

関連記事

  1. カジカガエル

    夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていまし…

  2. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  3. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  4. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大…

  5. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶…

  6. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  7. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄色くな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。